デッドマン・ワンダーランド 第11話「絶望のGIG」

デッドマン・ワンダーランド (5) (角川コミックス・エース 138-12)デッドマン・ワンダーランド (5) (角川コミックス・エース 138-12)
(2009/04/25)
近藤 一馬、片岡 人生 他

商品詳細を見る

自らの不甲斐なさを呪い
清正に特訓を申し込んだ丸太

つーことで
えらい少年漫画的な熱血展開になってますが
もう後1話で最終回なんだよな?^^;

この短期間で
成果の見せ場があるのか
ってとこでしたが

脱獄作戦を進めていた
唐子さんと、酔っ払ってフラ付いてたシロが
アンダーテイカーに捕縛される事態になり

早速、新技お披露目のチャンス到来という形に

いやーしかし
捕まった唐子さん達は
慰み者にされそうになってたけど

不謹慎ながら
嫌がりつつ頬を染めたシロの表情(酔ってただけだろうけど)や
唐子さんの着衣の乱れとかに、少々エロスを感じてしまったZE(*´д`*)

どうもすみません(ぉ

そして、現場に向かう丸太を
密かに手助けしてくれた水名月

ようやく出番が来ましたねぇ
チョイ役程度でしたけど、やっぱり可愛かった(*´∀`)

ショートカットも、様になってましたな

ともあれ、何とか
唐子さん達のピンチに駆け付け
ワームイーターを貫く、音速技で敵を蹴散らす丸太だったが

数発技を使った時点で貧血になり
結局ピンチのまま

何と言うか
特訓で血を使い過ぎてたってのも
情けない話ですな(;^o^)

清正も、行って来い!って感じに
普通に送り出しちゃってたが
貧血で倒れるとか、予想してなかったのか^^;

で、さらに
絶望的な状況の中
丸太達の前に姿を見せたのは

最愛の妻子が死んだ時の
押さえ込んでいた記憶と怒りを掘り返され
狂気に取り込まれてしまった凪さんであった…


うーむ・・・
これは、次回で終わる?ことからして
凪さんラスボスってことか?

そうなると
ホントに中途半端に終わりそうだな^^;

せめて、超坊主辺りとは決着付けて欲しいが…

後半に出てきたトトも
何だか怖いやつだなぁって以外、謎だらけだし

色々と不完全燃焼になりそうだが
残り1話で、どこまで綺麗にまとめられるか?

テーマ : デッドマン・ワンダーランド
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デッドマン・ワンダーランド 第11話「絶望のGIG」

『仲間を助けることができないのも、シロを傷つけてしまうのも、すべては自分が弱いから――。 「自由の鎖(スカーチェイン)」と「墓守(アンダーテイカー)」の戦いで、何もできなかったガンタは、自分の弱さ...

デッドマン・ワンダーランド 第11話「絶望のGIG」

俺は 弱い自分をぶん殴られる位強くなりたい――! ガンタの言葉に千住は戦い方を伝授…出来なかったら、キャンディなくて処刑執行になりますが(^^; 一方、ガンタに怒ってるシロには トトが近づきます。 ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード