ラストストーリー クリアしたのだ(感想など)

THE LAST STORY Original SoundtrackTHE LAST STORY Original Soundtrack
(2011/02/23)
植松伸夫

商品詳細を見る
ということで、まったり進行してた
ラストストーリーですが、ついに攻略終了しましたー

で、率直な感想言えば

物足りない

です(ぇ

実際クリアを遅らせようと
(ボス戦前とかの)セーブポイントを見つける度に
プレイを一旦中断したりして、ちょいちょいやってましたが

普通に休み無く進めてたら
相当早く終わってますよ、これ

何というか、前に記事にした時も書いたと思うんですが
一度イベントが始まると、長いこと拠点の町に戻れず
行動に制限が入るので

ただイベントを進めるだけの
一本道ルートになっちゃうんですよね

まぁそれだけならいいんだけど
問題なのは、シナリオ自体も薄いってこと

兎にも角にも、キャラ設定や諸々の掘り下げが甘い

クォーク(リーダー)とエルザ(主人公)以外のキャラが
どういう経緯で、傭兵として仲間に加わったのか
そしてどういう過去を持っているのか?とか
語られて無いことが多いんですよね

どうせなら、スタートラインを
クォーク&エルザの2人だけにして
ストーリーを進めるなかで、仲間(他のキャラ)を
増やす流れの方が良かったんじゃないかねぇ

傭兵団設立を序盤の目的にして
徐々に進める感じでさ

最初から親しい間柄だと
成長していく姿や、絆が芽生える過程も楽しめないし
(はっきり成長が伝わるのは、仲間のユーリスくらい?)

そして、謎っぽい設定だけ出して
未解消な物も多く存在するのですなぁ
(主にマナミアの生まれ・ユーリスの片目)

後は、ある程度伏線があって
すぐに気付いた事ですが

以下、超ネタバレにつき反転

このゲームの黒幕?というか
裏で糸を引いていたのは、傭兵団のリーダー・クォークでした

で、自分が疑いだした要素が

・グルグ船に乗り込んだ際、下の階に降りた2人の後を追わなかった
ガノンドロフザングルグを追った後、殺されもせずポツンと倒れていた
・トリスタ殺害事件の前に、先に現場に向かってた筈なのに、何故かその場に居なかった

とかなんですが
まぁそれは良いとして
気になったのは、それらの部分を映像で回収しなかったことですね

分かったのは、取引してたことと
トリスタを殺した事実だけで

そうしたシーンで、実際にどういうやり取りがあったのか
回想シーンがまるで無いんですよ

特に、あのトリスタ将軍を
どういう風に殺害したのかは、見ておきたかったかなぁと
あの人の隙を突いた訳だろうしさ


ネタバレ終了


とまぁ、そんな感じで
描写不足が否めないんすよねぇ…

元は悪くない作品なだけに
色々と惜しい感じ

町やダンジョンの雰囲気とか
主観などを使った、特殊な演出効果
地形を使った戦略を楽しむ戦闘システムとか
個性豊かな仲間達など、光ってる部分もあるんですけどね

発売前の期待度や
ゼノブレイドとの比較もあってか
やや劣化的に見られて、不憫でもある^^;

まぁ過度な期待を捨てれば、そこそこ楽しいとは思いますよ

さて2周目~…は、どうすっかな?
取れてない装備とか素材はあるが…うーむ…

テーマ : THE LAST STORY
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード