アスラクライン2 第20話「カイメツの刻 ショウメツの闇」

アスラクライン5(初回限定盤) [DVD]アスラクライン5(初回限定盤) [DVD]
(2009/11/06)
TVアニメ≪初回限定版≫

商品詳細を見る

怒涛の超展開!!!


街中での騒動がきっかけで
GDに拘束されてしまっていた智春達だったが
そこに再びピカソ仮面が襲撃に現れ
アニアを連れ去り、逃走を図る…

アニアはどんだけ「ピーチ姫」的なポジションやねん(;´∀`)
完全に、連れ去られ担当になっとるがな^^;

まー、非戦闘員だからしょうがない部分もあろうけどさ

つーことで、割とあっけなく
拘束状態から抜け出す形になった智春達は
アニアの救助の障害となる、ピカソ仮面の魔法無効化対策のため
冬琉を頼ることに

…なったのだが
肝心の本人は、智春達の行動を予測するかのように
謎の爆発に巻き込まれてしまい、病院に運ばれたと…

ここでの描写が甘いのは、大方の予想通り
あの人が仮面の…?

その後、氷羽子側から
人質と智春を交換する取引を持ちかけられ
氷羽子を殺す任を受けていた、瑶も交えて
取引の場へと赴くことに…

しかし、当然ながら
素直に取引を成立させることなく、バトルに入り
非在化の進む、奏までも戦闘に参加

そして、その戦いの最中
ついにピカソ仮面の正体が明らかに…!

ということで、他のブロガーの人達も
大体読んでましたが、仮面の中身は
なんと、あの冬琉会長でした!!!∑(´Д`;)

すると冬琉は、冷徹なまでに
瑶のマキーナを破壊し、副葬処女である紫浬も同時に消滅( ゚д゚)
何と言う呆気ない結末だーーー!!!

しかし、さらにさらに衝撃展開は続きますよーーー!!

ここまでの絶望的状況の中
一巡目智春も、予想された通りに姿を見せ
何やら「歴史狂わせている」張本人だという
冬琉を消すため、最強のマキーナ「」を召喚!!

よっしゃー!!これで形成逆転かーーー!?

…と思われたが
その力を披露しきる前に
一巡目智春は、何者かに射撃されてしまう…!?

まー、あの人が突然人質になってた状況にも
違和感は感じてたけど
そもそも冬琉が敵サイドにいるなら
当然そのことも、予想できるところでして

はい、一巡目智春を撃ったのは、塔貴也部長でした…

で、その際
気になってた、一巡目智春に付き添った奏が
副葬処女
になってたと判明するものの
その直後、これまたあっさり
止めを刺されてしまい、一巡目智春共々消滅!!!

その上、智春達のフォローに入った朱浬までもが
冬琉の凶刃に倒れ
!?

ええええええええええええええええええええ!!!
何々、この悲惨な状況はーーーー!!!
∑(゚Д゚;≡;゚д゚)
ちょっと前に、青春してた話は何だったのよ^^;

…とは言え、塔貴也達の行動動機自体は
前に言ってたと過去の問題と、大きく変わらんようで
結局のところ「秋希が生きてる3巡目の世界
を作りたいってことらしい

おいおい、あの時の話は
その悲しみを乗り越える内容じゃなかったか?^^;
冬琉共々、引きずりまくってんじゃん

もうちょっと衝撃的な目的でも
あるんかと思ったら、これかい

それどころか、塔貴也は
秋希以外どうなってもいいって言う
最低野郎だったわけで…
あの日の、コアラのマスコットっぷりが嘘のよう(ノД`)

ってか、こんなキャラなのに
プライベートのシーンで、寝そべりつつアニメ見てた姿
一応素だったのか!?(ぁ
今の状況と考えると、ギャップが激しいが(笑

つーことで、まんまと塔貴也は
最強のマキーナ「鋼」をゲットし
その副葬処女には冬琉が…

あぁ…泥沼すぎるorz

しかし、全てが思い通りになった訳でなく
塔貴也は鋼の強力すぎる力によって、自爆ともいえるような形で
空間の裂け目に強制的に飲み込まれ

智春達も同じく飲み込まれていく中で
アニアが塔貴也の計画に必要な、イグナイターを奪い去ることに成功
好き放題されたまま終わらずで良かったヽ(´ー`)ノ

しかし、飛ばされた先はどこなんでしょうか?
そして、元の世界での事件は、あんな形で終わるんでしょうか…?
つーか玲士郎とか出番あるのか?

ふぅ…、あまりの超展開に
ちょっと頭が付いていけてませんなー

ホント、昨日の友は今日の敵
って言わんばかりに、敵味方が入り混じるから困るよ^^;
ギャグパートとシリアスパートで空気変わりすぎるわいな

テーマ : アスラクライン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード