アスラクライン 第2話「未来に滅びるということ」

アスラクライン〈2〉夜とUMAとDカップ (電撃文庫)アスラクライン〈2〉夜とUMAとDカップ (電撃文庫)
(2005/10)
三雲 岳斗

商品詳細を見る
何だか可愛い女の子見てればOKな作品に思えてきた…
つまり、内容が良く分からんということです
まぁ、原作からしてカオスらしいのでこんなものなのか?

つーことで、朝っぱらから女性陣から誘惑三昧^^;
見渡す限り女性ばかりで、智春はフラグ立てまくりですかい

…って、前回のマキーナ登場はスルー?
何で普通に日常に戻ってんだ^^;

で、朱浬からいきなり聞かされたダーク・ソサエティという名の組織
一度世界は滅んだ」という謎の言葉
そして、朱浬が人間ではないらしいこと…

そっから、変な爺さんの家に行って
「螺旋」がどうのこうのと意味不明な話を聞かされて
智春が今後「選択」を迫られるとかなんとか

もう、設定を拾い上げていくの疲れるんだけど(ぉ

そして爺さんの話を聞いた後、偶然奏と遭遇し
逃げ出した奏を追う途中で、怪我してしまった智春は
神社にて手当てをされることに…

奏のおっぱいが、たゆんたゆん!とドアップに!!
( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

マジでこの作品は、こういうシーンを見るだけで良いのではと思う(ぇ

その最中、奏が智春を襲撃した時に来ていた服が見つかり
やはり犯人は奏だったと、判明することになるが
襲ったときと状態が違うらしく、今は操緒が見えてない様子

で、自身が操緒を見ることが出来るのは「悪魔」だからとのこと
また凄い設定が出てきた^^;

つーか、奏って侍系のお堅いキャラと思ってたが
こんなポケポケな性格なのか
悪魔?状態だとお堅い系になるのかねぇ…

そんで、「射影体」と呼ばれる操緒は、マキーナの生贄なんだとか
へー…(ぇ

するとそこへ、前回襲ってきたヤッサン達が現れる
どうやら嵩月組ってことで、そこの親分は奏の親父さんだった!!Σ (゚Д゚;)

当然周りの目が気になる奏は、彼らを避けて暮らしていたようで
まぁ、親父さんは奏を大切に思ってる…っていうか
娘に手を出すと容赦しないってことで、智春ピンチですか^^;

翌日、学園の生徒会長だった玲士郎に
突然「悪魔を倒すため共に戦おう」と勧誘される智春

言ってる事がさっぱりだけど、とりあえず脅迫っぽく迫られて
ピンチだったところに、奏が助けに現れる

クソー、よく動いてるのにパンティーラナッシングかー( ゚皿゚)キーッ!!
この作品も、シャングリ・ラ同様に鉄壁のスカートなんだなぁ…
見えそうで見えない感じがもどかしいぜ(ぉ
見える作品にしてくれよ(何

で、玲士郎がマキーナを使ってきて、その攻撃を防いだ操緒消失( ゚д゚)
そのまま、良く分からず終了(ぇ

もーーーーー、何だよこの作品(笑
場面があっちこっち飛んだり、専門用語が普通にドカドカ出てきて
全然付いていけないじゃんよ^^;

これで次回いきなり日常モードだったら、失笑ものだな(笑

視聴予定に設定した時は、「単純に楽しめそう」って書いたけど
そんなことはなかったようです(;´∀`)

うーむ…、これは感想切る可能性が高くなりそうな…

クイーンズブレイドを、おっぱい目的のためだけに視聴してるように(ぇ
この作品も、設定無視して色気だけに見れればいいのかも(おい
はー・・・感想どうないしよ…

テーマ : アスラクライン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アスラクライン 第2話「未来に滅びるということ」

悪魔の少女。

(アニメ感想) アスラクライン 第2話 「未来に滅びるということ」

アスラクライン 1 (1) (電撃コミックス)クチコミを見る 前回の、主人公の危機的場面から一転・・・まるで何事もなかったかのように日常の生活が映し出される・・・。結局、今回は最後まで前回の説明がないままストーリーが進行していきました。

アスラクライン EX002「未来に滅びるということ」

博士「♪あの人は~悪魔www」助手「滅茶苦茶古いわwww」...

アスラクライン EX002

智春が奏のことで嵩月組の偉い人に色々と睨まれるお話でした。 前回のことかと思ったら最優先は自分の娘の交友関係的なこととは、親バカなのか何なのか(笑)。 第一生徒会なんて中身以前に名前からして怪しげなところもあるこの学校って一体何なんなんでしょうねー。 ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード