黒神 The Animation 第10話「末路」

黒神 6巻 (6) (ヤングガンガンコミックス)黒神 6巻 (6) (ヤングガンガンコミックス)
(2007/06/25)
イム ダリョンパク ソンウ

商品詳細を見る
前回から引き続き、比の変態プレイを受け続けるクロ(ぉ

慶太が特大レーザーアタックで隙を作ろうとするも
ドッペル母が再び邪魔しに現れ、ついに比はシンクロモードに

そして、クロが苦戦する中
慶太は再びドッペル母の騎乗位で精をテラを吸われる羽目にΣ(´д`*)

何やらドッペル母がそういう能力を持ってるのは
「サブ」でありながらを「ルート」を殺して
マイナスルート」と呼ばれる負の存在になったからだそうな
やっぱりサブが残るのも可能ではあるのか

つーか、運がマイナス方面とか考えると不幸ばっか起こりそうだな^^;
まぁホントに幸せではなかったという結末だったけど…

で、実際は慶太の母が「ルート」だったようだけど
「サブ」という不幸続きの運命に嫌気が差して
ドッペル母は比の策によって「ルート」である慶太の母を殺したらしい

しかし、ルートが生き残れる確率も曖昧ってことなのかね?
闇討ちすれば一発ってことかいな(ぉ

自分が幸せを得たと喜びを見せるドッペル母だったが
全く幸せそうは見えないと慶太に否定されショック状態に…

その隙にクロとシンクロした慶太

対して余裕を見せる比は
記念にクロから一発殴ってもらっとこうかなぁ(ぉ
とか考えていると

慶太の秘策によって膨大したクロのイクシードパンチで
無防備状態のまま粉砕(笑
なんかアホっぽい(;´∀`)

最後は蔵木によって回収され、テラを吸収されるという因果応報な末路を辿ったようだが
なんと言うか死にっぷりまで変態っぽかったな(;´Д`)
搾り取らないで~!」とか^^;

結局ドッペル母も「サブ」の死という運命から逃れられずに死亡…

犠牲の上に成り立つという、ドッペルライナーシステムを呪う慶太だったが
そんな所にあの蔵木が姿を見せる

つーことで次回は、過去の二人の友情物語なのかな?

テーマ : 黒神
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード