FC2ブログ

魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編 第10話「彼女を殺せる唯一の」



アザリーに救われ
息を吹き返したオーフェン

そして、そこでオーフェンはアザリーから
なぜネイム殺害を機に、魔術が使えなくなったのか?について問われ、その理由を語る

どうやらオーフェンは
アザリーを殺すために暗殺者(スタッパー)として育てられた
という事実を受け入れたくなくて

今まで「不殺」を貫くことで反発してきたけど

でも今回のネイム殺害で、それが打ち破られちゃったもんで
無意識的に力を押し込めていると…



そして
キムラックの教主でありながら
魔術を扱う、始祖ラモニロックの真実も判明

…といっても

神の設定はややこしくて理解しにくいんだが^^;


とりえあず
ラモニロックが、まだ人間のおっさんだった頃
遺跡の調査をしてたら

そこで結界の亀裂から
ひょっこり顔を出してた女神ヴェルザンディと鉢合わせしちゃったせいで
人間種族としての魔術士にされちゃってた
みたい

なんか、女神が狭い隙間から上半身だけ出してる姿
壁に尻に挟まって抜けなくて困ってるみたいな光景に見えて、若干シュール(笑


で、首根っこ掴まれてたシスターは、始祖魔術士のオーリオウル
女神の侵攻を食い止めようと、結界の外に押し戻した際に抵抗されて、ああなったらしい

まぁそんな経緯があって
魔術士の存在があると女神が結界を破って出てくる(滅びの)日も近いってことで

ラモニロックは、魔術士の根絶を計画し
最終的な目標として、始祖の魔術士である自分をも殺してもらおう
それが唯一可能なチャイルドマンの来訪を待っていたらしい


しかし、チャイルドマンはすでにこの世になく
オーフェンも心の枷で魔術が使えず、アザリーもクオにやられ絶体絶命の状態

さて、どうなる?

というところで次回最終回、と

つーかラスト前にして
クリーオウとマジクは出番すらなかったな

テーマ : 2021年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード