FC2ブログ

ドラゴンボール Sparking! METEOR プレイ中 その2 一長一短



絶賛攻略中の

PS2「ドラゴンボールZ Sparking! METEOR

現在は、ヒストリーモード「人造人間+セル編」までプレイ


例によって
NEOと同時進行してる訳ですが

やはりメテオのシナリオ端折られっぷりが際立ちますねぇ^^;


NEOでは

トランクス VS メカフリーザ

とか

ヤムチャ VS 20号

という
割と事故レベルの(ぇ)
対戦カードも拾ってるのに対し


メテオは

心臓病の悟空 → 超ベジータ VS 19号

くらいからシナリオがスタートして
そこから一気に「VS セル第2形態」までエピソードが飛ぶという…

だもんで
17号、18号関連のバトルは
大体カットされてて


ピッコロさんの新技「魔空包囲弾」初披露の場も無し…orz


てなわけで

前回記事にした通り
原作ストーリー回収度で言えばNEOの圧勝なんだけど

ただメテオのが
いい演出だと思える部分
もあり

それは何かというと

敵味方を問わず、ストーリー上で勝つ側が操作キャラになる

という所ですね


NEOの方は、どういう戦いでも
Z戦士側を操作する」のが基本なんで

ストーリー上では負けるけど、ゲーム的には勝つ必要がある
という不自然な状況がままあるんですよね


例えば

ベジータ&ムキンクス VS 完全体セル

では、2人とも
セルに弄ばれるのが原作の流れだけど

しかしNEOでは
操作できるのはベジータ達の側なので
やりようによっては、セルをボコボコにして圧倒することもできてしまう訳ですね

でもいざ勝負が終わってみると
ナレーション「2人の力は、セルに全く歯が立たなかった…」
と、ボロ負けしてる扱いになると(笑

しかし
メテオの場合は
基本的に、勝つ方を操作できる
ので

敵である「完全体セルを操作」して
調子に乗ってるベジータや、サイヤ人の壁を超えたと勘違いしてるムキンクスを
原作通りに凹ることができる
、と

そういうとこの演出は
理に適ってて良いと思うんですよね

ただそれだけに

18号 VS ベジータ

やら、敵側が勝利するバトルが端折られてたのが勿体ない
自分の操作で、ベジータの腕とプライドをへし折りたかったのに(ぇ

使用キャラとして用意してるのに
シナリオ戦闘に利用しないのは惜しいよなぁ・・・

ボイスパターンが多いから
容量的に仕方ない部分もあるのかね?

テーマ : 格闘ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード