FC2ブログ

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第24話「わたしを離さないで」(完)


最終回


前回、13部隊の仲間と別れ
ゼロツーとヒロは、ワープゲートを超えVIRMとの決戦に

結局、2人の特攻による
自己犠牲的な決着になってしまったなぁ


ゼロツー1人の消滅じゃなく、2人一緒なだけ幸せだった…のか?


つーか、VIRIMの最後の捨て台詞が
如何にもRPGラスボス風でちょっと笑ってしまったな(笑

〇〇が存在する限り、私たちは何度でも甦るぞ」っていう

しかしまぁ
こいつらも最後まで、よく分からん存在だったなー

そして一方の地上では
ココロが無事に赤ちゃんを出産して母親になったり
保管された子供が帰ってきたり

それから色々あって、10年近くも経過してました

気付けば13部隊もみんな大人になり
子供たちが溢れかえる世界に…


…とはいえ

やっぱりパラサイトは「大人になれない」設定の通り、寿命が短いようですね

この10年程度の経過で
感覚として3,40代くらいになってる?っぽいし

まぁイクノが老化を抑える研究をして、だいぶ緩やかにはなってるそうだが


つーことで
総括ですけど

うーん、やっぱり前半と後半で
一気に流れが変わったんで、そこら辺が賛否分かれるところ
ですよねぇ

序盤から中盤にかけての
ヒロ・イチゴ・ゼロツーのトライアングル
とか

矢吹先生向けの
サービスシーン導入っぷり
とか(ぇ

世界に隠された秘密を追ってる段階はドキドキしてたんだけど

後半の宇宙(VIRIM)編突入から
話のスケールが大きくなり過ぎちゃって、置いてけぼり感が強くなった
のがね

前も言ったけど
どうせなら、叫竜の姫ナインズの方を
もっと掘り下げて欲しかったよなぁ

姫は、ようやく対面したと思ったら
「真の敵がいる」で、あっさり裏方に回された

ナインズも
途中までの対立が嘘みたいに
突然のように改心して、呆気なく爆死という…



とりあえず
見所も多かったけど
色々と勿体ない作品でもあった、という感想ですかね

ともあれスタッフの皆さんお疲れさまでした

テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード