グランクレスト戦記 第24話「皇帝聖印」(完)



最終回


混沌の是非をかけた最終決戦

どうもラスボスを担当するのは
吸血鬼のディミトリエだったみたいですね

長らく抗争を繰り広げてきたミルザーと比べると
そこまで因縁を感じなくて、どうにもキャラ印象が薄いのですが
^^;

物語の大半は
マリーネ達や人間同士の戦いだったからな


ともあれ
ディミトリエを退けたテオ達でしたが
残る問題である「混沌」の始末

どうも魔法師協会側の行動理念としては
混沌による破壊と動乱がなければ、必要以上に文明が発展し
超兵器を使った人間同士の争いにより破滅の未来を呼んでしまう


という、お告げがあったからみたい

正直、混沌の力が
どれくらい世界に問題を起こしてたのかピンと来ないんだが

とりあえずテオは
遠い未来の可能性を心配するよりも
今を生きる人たちの秩序と平穏が大事であり

先の未来のことは、その時代に生きる人間が決めることだ

と、混沌の破壊を決意

こうして、世界からは混沌が消え
先は見えずとも、今この時、テオ達に何気ない日常が戻ったのでした

めでたしめでたし




つーことで総括ですが

まぁ正直、ストーリー自体は
設定的にあまり乗り切れなかったんですが

所々に挟んでくる
シリアスな笑い(全裸で進軍)とか、ガチなNTR描写だったり
妙なところで記憶に残る作品だったなぁ

という感想ですかね(笑

ただ尺はともかく
どうやら原作の完結まで収め切った、ということなんで
そこは素直に凄いと言えるところでしょうか?

この手の作品は、大抵の場合「俺たちの戦いは」EDですからね

2期を作れる確証があるならいいけど
余程の話題作でもないと、続きが出ないですし

ともあれスタッフ皆さんお疲れさまでした

テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード