ダーリン・イン・ザ・フランキス 第19話「人ならざるモノたち」


フランクス博士の過去


ココロやミツルたちに行なった
記憶操作処置に反感を覚えるフランクス博士

そんな彼は、若い頃から
禁忌に触れるような実験をも行う奇才として名をあげ
不老不死の研究にも携わっていたそうな

しかし不老不死を得る代償に
生殖機能を失う」という副作用もあり

次第に人としての在り方を失っていく
人間の姿を疑問視するようになっていた博士


そして、進化を停滞させていく人間に対し興味が失せていく中
突如として現れた「叫竜」や「叫竜の女王」の存在に、生物としての本質を見たのか
博士はすっかり魅了されていくことになり

ついには、女王の髪の毛を奪ってクローンを生み出すまでに?

それがゼロツーなのか?


うーん、しかし
叫竜がそもそも何なのかというか

女王の態度からするに、元々敵対する意思はあったんだろうか?とか

あと遥か昔から世界を管理していたらしい
パパたちと同じ仮面をした科学者集団「エイプ」とは何者なのか、とか

やっぱ謎は多いですなぁ

そして一方
これまで幾度も記憶を奪われてきた理不尽さ
大人になれる確証を掲示しないパパたちの態度に痺れを切らし

ついにヒロたちはパパからの離反を決意

もうかなり終盤だと思うけど
これから一体どこを目指すんでしょうね

テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード