「龍が如く 極2」の発売前に、「極」と「6」をおさらいプレイする



龍が如く 極2」の発売が
約1か月後に迫っている、ということで

割とやってる人は多い(?)と思いますが
前作をおさらいしとくため「極」を振り返りプレイしてます

そしてさらに
ドラゴンエンジンの感じも改めてチェックしとこうかなーと思い
ついでに「6」もやり直しすることに決めました

つーことで
「堂島の龍」伝説
始まり終わりの2本立て進行です(ぇ

極は3周くらいやってるけど
6は初回クリアの1周をやったきりなんで、気持ち的にやや新鮮

ストーリーも程よく忘れております


いや-しかしあれだな
全く違うシステムの如くシリーズを同時にやると
その差が浮き彫りになるというか

正直、旧システムのほうが戦闘はできることが多くて楽しいですね

敵が後ろを向いてる状態で」とか
敵が気絶してる時に」とか「敵が浮かんでる時に」とか

限定された条件で出せる特別な技

みたいのが結構あるんで
すぐに敵を倒さず、そういうのをじっくり狙う楽しみがあるんだけど

6の場合は
とりあえずボカボカ殴るしかない
っていうか
戦い方が単調になりがちで、どうも面白味が足らんくてさ

この技を狙ってたんだぜー!
って、テンションが上がる必殺技があるとしたら
精々カウンター技である「虎落とし」くらいかなぁ?(迫力は落ちてるけど


まぁ「」と「」には
4つの戦闘スタイルっていう戦い方にバラエティ感があったから
特別そう感じるんだろうけどさ

それだけに
6をベースにしてる極2
どのくらい不満が解消されてるのか、そこが気になりますね

無印2のエッセンスも織り交ぜている
みたいなこと言ってたんで、攻撃方法は増えてると思うんだけど(武器装備以外で

単なる□&△の連打ゲーになってないことを祈るばかり


つーことで、極2の発売まで
ストーリーとゲーム性の振り返りをやっておきます、という話でした

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード