シュヴァルツェスマーケン 第7話



前回の流れから
テオドールと肉体関係を持ったようで
やたら自信に満ち満ちているリィズ

あの後、普通に抱いたのか(笑

義理とはいえ
妹だからっていう躊躇は特になかったんすかね

ってか、なぜ行為のシーンが無いんだ!(怒



ともあれ
またまたBETAの大群が押し寄せ

その中でも脅威となる
重レーザー級の迎撃に当たるシュヴァルツェスマーケン

が、しかし
相手が、かなりの強敵なだけに作戦は難儀し
アイリスディーナが、味方を庇いに入って負傷してしまい、殲滅に失敗

これに対し
好機と見たのか、絶望を感じたのか
リィズはテオドールとの逃避行を提案するものの


テオドールは
アイリスディーナに恩義があるからと
戦闘続行を決意



なんか
全てが終わったら一緒にいよう
とか説得してたけど

それフラグじゃね?^^;

つーか、リィズの
ヤンデレ妹感がさらに増してきたような…

…とか、思ってたら

Cパートで
見事に、裏切り&闇落ちしてました(;^o^)

あからさまに怪しまれてたから、逆に無いかもと考えたが
こりゃ予想通りのスパイ枠だったのか


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード