灰と幻想のグリムガル 第7話「ゴブリンスレイヤーと呼ばれて」



マナトを失った時のような苦しみを
メリーも同じように経験していたことを知り

そこから改めて
仲間の存在に目を向けることの大切さを知ったハルヒロ達は

メリーに、マナトについての事情と
ちゃんと「仲間」として迎え入れたいという気持ちを伝え

ひとつ関係を前に進めるのであった


つーことで
僅かにも連帯感が生まれて

まだまだ性格の明るさまでは戻らないまでも
メリーの存在がパーティに馴染んできた感じかな


で、そこからは
ゴブリン(雑魚狩り)→資金稼ぎ→レベル・装備強化、の日々

ちょいちょい
RPGあるあるな雰囲気出すよな(笑

ドラクエなんかでも
とりあえず町の周辺ウロウロして

雑魚でレベルの底上げ+装備購入は、ようやってたしなぁ


ただ、それをゲーム世界側から捉えると
雑魚狩り専門の戦士として見られてしまう、と^^;



にしても
前回、自分がちょっとした予想で

今後マナトは、幻影サポートキャラとして出るのかなぁ?

って言ってたんだけど
本当にそうなりそうな空気だな^^;

今回もハルヒロとマナトが普通に雑談してたんだが
これ傍目にはどう見えてるんだ

ハルヒロが独り言ってる風だったら、完全におかしな人ですわ

テーマ : 灰と幻想のグリムガル
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

灰と幻想のグリムガル「第7話 ゴブリンスレイヤーと呼ばれて」

灰と幻想のグリムガル「第7話 ゴブリンスレイヤーと呼ばれて」に関するアニログです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード