終わりのセラフ 第24話「終わりのセラフ」(完)


一応は最終回


突然現れた
真昼モードのグレンが
吸血鬼、帝鬼軍とも見境なく攻撃

それらから得た血を
あの新兵器が回収したかと思うと

なんと、そこで眠っていた君月の妹・未来が
優一郎の暴走と同じような、悪魔と天使を混ぜたような存在「終わりのセラフ」として覚醒



前回での殺戮は
この目覚め+制御のために
帝鬼軍らを生贄にする作戦だった
ってことか


条件が、吸血鬼と帝鬼軍の
2つの血が必要だったのか、同じ物扱いなのか

どういう秘密があるのかね

で、まぁ当然ながら
この相手に対抗するなら、優一郎はこれを選ぶだろうなってことで

自らも、終わりのセラフを発現

なんかもう怪獣大決戦というか
戦闘の規模が、えらいことになってますね(;´∀`)


ともあれ、これによって
未来の悪魔を撃退し、暴走を沈めたものの

セラフを見せた優一郎は、暮人に目を付けられ狙われる身になり

それに同道するシノアらも
帝鬼軍と決別し、逃走の道を選ぶことに



そしてさらに、その裏では
あのフェリドがクルルをこき下ろし

吸血鬼部隊の実質的トップとして主導権を握ってました



いやーしかし
フェリドが、ロリ体型なクルルを背後から抱きしめ、噛みついてる構図
何とも言えない背徳感がこう…

うん、エロいよね!!(ぇ


つーことで
最終回とはいっても
あまりすっきりしないというか

グレンも寝返ったままだし、未来ちゃんも放置状態だし、と

寧ろ、問題が増えて終了という(;^o^)



ただまぁ
最後のシーンのミカエラが
自然な形でシノア達と会話し徒党を組んでる姿
には
ちょっとほっこりしたけどね

少なくとも、シノア隊の人達とは
わだかまりが無くなったようで何よりですわ

それに、鳴海隊長も生き残ったし



んで、とりあえず総括すると

どんどん乙女になるシノアが可愛かった、ってのと

まだ何も解決してないよね?
ってことで、3期待ちってことだな(ぉ

ともあれスタッフの皆さんお疲れ様でした

テーマ : 終わりのセラフ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

終わりのセラフ「第24話 終わりのセラフ」

終わりのセラフ「第24話 終わりのセラフ」に関するアニログです。

終わりのセラフ 名古屋決戦編 第24話「終わりのセラフ」

終わりのセラフ 名古屋決戦編の第24話を見ました。 第24話 終わりのセラフ 別の人格のままのグレンは終わりのセラフのために人も吸血鬼も関係なしに襲っていた君月の妹・未来に血を与えていく。 「禁忌を犯した人間に天罰が下る。その力をコントロールしろ!」 未来を助けるために阿修羅丸を裏切ってラッパを手にして優一郎も天使の力を手にし、未来を人の姿に戻すことができるも助けだす...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード