終わりのセラフ 第5話「黒鬼とのケイヤク」



人間殲滅のため、帝鬼軍との全面戦争を宣言した吸血鬼


で、それに対する会議が軍で開かれてたものの
グレンは、退屈だとして勝手に退室


独断はNGだなんだと
優一郎に言ってはいるけど
当人も相当、協調性がないですよね^^;


まぁ血族とか、身分的な地位とかが絡んでのことみたいだけど…


でもホント、はみ出し者属性として
グレンと優一郎は、相性が良いのかもしれんな


ともあれ
グレンにも考えがあってか
ついに、鬼呪装備ゲットを承諾され、舞い上がる優一郎


しかし、これまた
面倒嫌いのグレンらしいというか

教室を見回りに来たと思ったら

突然、教室全体に鬼の気を張り巡らせ
告知なしの適性試験を、ぶっつけ本番で実行
∑(´Д`;)


その結果、大半のクラスメートは、耐え切れずに倒れてたけど

なんとか主要キャラ陣営は持ちこたえた模様


…というか

与一は、すげぇ平然としてましたね…( ゚д゚)


気弱で苛められ属性だったけど、鬼との馴染みは良いってことかな?


で、適性に合格した彼らは
いよいよ自分達の鬼呪装備を手にするべく、黒鬼と向かい合うことに…

…という所で、次回へ


また精神攻撃の試練って感じになるのか

テーマ : 終わりのセラフ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

終わりのセラフ「第5話 黒鬼とのケイヤク」

終わりのセラフ「第5話 黒鬼とのケイヤク」に関するアニログです。

終わりのセラフ 第5話「黒鬼とのケイヤク」

終わりのセラフの第5話を見ました。 第5話 黒鬼とのケイヤク 「よって我らは日本帝鬼軍を殲滅することに決めた。戦争だ。世界の安定を守るため、我らは欲深い人間共を皆殺しにする!」 吸血鬼達が日本帝鬼軍へ戦争を仕掛けることを決める中、筆記試験で0点を取った優一郎は君月と与一と共にグレンが所有している黒鬼の攻撃に耐えて合格する。 「今、意識がある奴、お前らは見込みありだ。こ...

終わりのセラフ 第5話「黒鬼とのケイヤク」

「ここにあるのは希少な黒鬼シリーズだ」 鬼呪装備契約へ向かう優一郎たち! 黒鬼シリーズを手にして契約に挑む事に    【第5話 あらすじ】 評議会の決定で、吸血鬼たちはついに日本帝鬼軍殲滅へ動き出した。一方、日本帝鬼軍本部も吸血鬼たちの動きを察知し、対策会議を設けていた。様々な思惑が交錯する中、優一郎たちは鬼呪装備契約のための訓練に励む。なかなか進展しない訓練に業を煮やした優一...

【終わりのセラフ】第5話『黒鬼とのケイヤク』 キャプ付感想

終わりのセラフ 第5話『黒鬼とのケイヤク』 感想(画像付) いよいよ鬼とのケイヤク! 与一に鬼への耐性があるのが意外ですね。 シノアちゃんは柊家なので才能あるぽい。 ケイヤクするのは次回。 やっと面白くなりそうですね!  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード