RD 潜脳調査室 第24話「地球律」

RD 潜脳調査室2RD 潜脳調査室2
(2008/09/26)
森功至沖佳苗

商品詳細を見る
人工島20周年記念式典を代行として話を進めるジェニー

その際面会を申し入れていた波留達はジェニーと対談する
気象分子散布による自然のバランス崩壊や、それによって引き起こされる問題について
必死に抗議するソウタ達だが、そうなる確証は無いとジェニーに一蹴される

ジェニーさん瞑想…結構武道派って感じですね
やはり元々は志を共にした仲だけに久島のことは残念に思ってたようで…

一方打つ手を失くした波留達はプラントに電理研のメタルを強制接続して
気象分子のプログラムを書き換えてしまえ、と強硬手段に出ることに
そして自ら潜ることを志願する波留

どうやらその前に外部リンクの回復が必要とかでソウタが向かうことになり
ホロンが同行しようかと尋ねるがソウタは断る
まだ二人の隙間は埋まらない…

波留のサポートに付くアユムとユージン
またも「やぁ~ってやるぜ!!」ネタが^^;
もう使いたい放題だなぁ

しかしメタル内からのアプローチは防御壁によって難航・・・

密かにソウタを心配して髪をイジイジする書記長が可愛い
つーか味方に入ってから…、いやソウタに振られて以降か、
どんどん書記長の魅力が増してる気がするなぁ…
乙女ですよ!恋する乙女!もう振られてるけど…

そんな時ソウタの下にプラントに来ていたジェニーが立ち塞がる
軍用義体のジェニーは、さながら覚醒したマトリックスのネオの如く
片腕一本でソウタの攻撃を凌ぐ^^;

防御壁を抜けた波留達だったが、その先もプールのように閉ざされた空間で先に進めずにいた
しかしミナモの助言で道を見出す
アユムが「やぁ~ってやるぜ!!」をまた使ってました
「やぁ~ってやるぜ」のバーゲンセールだな (by サイヤ人の王子

ジェニーはソウタの相手をしつつ、波留達もジャミングで阻止するという
離れ業をやってのける

一方的にやられるソウタ…
その時突然、凍結中の電理研のメインサーバーが起動し
評議会のメタル管理システムも復帰する
誰のおかげかは不明ですが、久島か久島AIなのか

とりあえず事態は好転し、ユージンも「やぁ~ってやるよ」とやる気を出し
それをパクるなとアユム…ダンクー○の忍に謝れ!!(ぇ

それによってジェニーに異変が生じ、ソウタは好機とばかりに急所に一撃(金的じゃないよ)

倒されたジェニーだが何やら手加減していたらしい、まぁ片腕しか使ってないしねぇ
んで若い頃を思い出したとか言ってあっさり敗北宣言…
久島LOVEでもあったようだし、結局根っからの悪人はいませんでしたと…

つーか久島さんモテモテだな、男に
このトライアングルはここでも使えるな
try2.jpg以前の使いまわし

そしてメタル内ではプラントを止めることが出来ないということで、ソウタ頼みに…

プラントを止めようと奮闘するソウタだったが
上に置かれたジェニーのシャンパンが機械に落下してきて阻止に失敗^^;
努力もむなしく気象分子散布が行われてしまう…
まさかシャンパンの動きまで計算していたのか!?凄すぎるぜジェニー(違

最後に波留が久島の声を聞いて終了

まぁおまけコーナーは相変わらずですねぇ、パンチラに比べたら普通か
それより今回はエンドカードが…ウホッいい肉体!!ときたもんだ
終わりに近づき、おまけコーナーもそうですがエンドカードも相当おかしいことに^^;

テーマ : RD 潜脳調査室
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RD 潜脳調査室 第24話「地球律」

散布阻止。

RD潜脳調査室 第24話 『地球律』

波留たちは、ジェニー・円に会い地球律の起こす衝撃波を警告するが…。 ジェニーは自然を壊した人間自身が回復させるしかないと訊かない。 ...

私書箱

池袋の私書箱の紹介です

(アニメ感想) RD 潜脳調査室 第24話 「地球律」

RD 潜脳調査室 DVD 1 地球律に伴う衝撃波の発生を抑えるため、書記長と波留たちはジェニー・円と会う。だがジェニーは自らの信念のために、書記長から実権を奪い、自らが人工島の代表者となって気象分子プラントの稼動を実行に移す。打つ手を失った波留たちは、気象分?...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード