RD 潜脳調査室 第23話「人間律」

RD 潜脳調査室2RD 潜脳調査室2
(2008/09/26)
森功至沖佳苗

商品詳細を見る
おまけコーナーがカオスな今回

とりあえず本編(ぉ
久島は波留の意識を失くした時と同じ状況に陥り、一人寂しく佇む波留
ホロンの手助けの必要もなくなりソウタの下に預け
さらにミナモは前夜祭の係りということでしばらく波留のもとを去ることに…
何気にミナモの着信音の「サヤカだ、にゃ~も」に吹いた(笑

一方ソウタは久島の仕事を引継ぎ、その膨大な仕事量に改めて久島の凄さを痛感する
さらに3ヶ月分のデータを失ったホロンの機械的な対応もあって
ソウタは苛立ち、ホロンに当たってしまう
しかし、こうして見るとホントに以前まで感情を持ってたんだと実感
これでホロンがまともなら精神面的な意味で作業効率が10倍近く上がるはず(ぉ

人工島20周年式典前夜祭、書記長が久島暗殺を企んだと噂され
パーティの雰囲気は重たいものになっていた
書記長とジェニーは会場で対立するかのように会話し
気象分子散布は予定通り行うと言葉を残しジェニーは立ち去る
つーか会話中の視点が書記長のおっぱいのアップ!!
これはジェニー視点か!?くそー!まぁしょうがないか(ぇ

その場にいたミナモもパーティの雰囲気の悪さを感じていた…
気持ちが沈むミナモにサヤカが後方からの乳揉みぃいいーーーー!!
ありそうでなかったシチュエーションだぜ!
さらにおっぱいをガードするミナモの胸が素敵(ぇ

そんな時書記長から呼び出されたミナモは
ソウタと初めての出会った頃の話を始める…
何気に初顔合わせだったんだ二人

若かりし頃のソウタ、格闘バカっぷりは既にあったんですな^^;
久島を尊敬してると真剣に語り、人工島を思う純粋な心に書記長も惹かれたのね

久島の気象分子計画反対に対しては未だ疑問だと書記長は言うが
ソウタと同じく久島を尊敬し、人工島を好きだと思う気持ちは変わらずにあると言う
故に今回の久島排除には納得いかず、
気象分子計画の中止によって20年かけ築き上げた久島の信用がなくなることも気にかけていた

するとミナモは人工島が好きならやり直せると、あっさり言ってのけ
書記長もそんなミナモの言葉に純粋に人工島を思っていた頃の自分を思い出す

…つーか、書記長見た目がほとんど変わってなくね?^^;
義体化はしてないんだよな、だのに未だ皺ひとつないとは!?
メガネが有る無いくらいしか違いが分からん^^;
syokicho-.jpgこうして描いてみると、昔より目に疲れた感じがあって苦労が伺えるかも

久島の下に気象分子プラントを中止した理由を求め書記長が訪れ
ソウタから情報を貰うも、分かってるのは不思議な文字列だけ

すると書記長が久島から聞いていた言葉を思い出す
私一人ではここまで来られなかった
その言葉にソウタは波留のことを言っていたのだと感づく
どんだけ久島×波留の絆が中心にあるんだよ^^;
後半からはもうそこばかりに目が行くなぁ
ミナモと波留の、年の差なんて!カップリングの話をしてたのが遠い過去のように感じるぜ(ぉ

そして波留とミナモが呼び出されると
そこには意識を持った久島の姿が…
その正体はAIで波留、ミナモ、ソウタ、ホロン、書記長が揃った時に作動するものだった
書記長もメンバー入りさせてるってのが、信用してたって感じでいいですな^^

AIから気象分子プラントによって海から引き起こされる様々な異常を伝えられ
初めの頃の停電事件やジャングルでのノイズも予兆のひとつだったと判明…
最終的には地球を燃やし尽くすことになるとか

止める手立ては無いものの、気象分子散布を止めればスピードを落とせるということで
書記長はミナモの言葉通り、散布を止め、一からやり直す決意をする

…ところがジェニーの策略により書記長の権限を奪われ、止めることが不可能に…
乗ってきたー!!と思ったらヒゲにやられたぁ…(ぉ

で、そんなシリアス展開の中、前回同様KYなおまけのコーナー(笑
ブルマ姿はもちろんだが…問題の内容が「1話目のパンツの色は?」て^^;
しかもモデルの人、いちいちパンチラ実演すんな(爆笑
何でここに来て、このコーナーこんなカオスになったのか^^;
加えて提供絵もなぜか全裸絵…うぼぁ

テーマ : 見たアニメの感想
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RD 潜脳調査室 第23話「人間律」

人間として大切なもの。

RD潜脳調査室 第23話 『人間律』

部長代理となったソウタ。 ハルさんは介助も不要となったとホロンさんを電理研に帰しましたが…。 記憶をリセットされたホロンさんを見るソ...

(アニメ感想) RD 潜脳調査室 第23話 「人間律」

RD 潜脳調査室2 華やかな二〇周年式典の前夜祭が行われる中、書記長エリカ・パトリシア・タカナミに対する黒い噂が流れ、会場は重いムードに包まれていた。自らの立場と人工島のこれからを考える書記長の前に現れたのは、ミナモだった。ミナモと話し、初心を思い出す書...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード