魔法科高校の劣等生 第12話「九校戦編V」

魔法科高校の劣等生 九校戦編 1巻 (デジタル版GファンタジーコミックスSUPER)魔法科高校の劣等生 九校戦編 1巻 (デジタル版GファンタジーコミックスSUPER)
(2014/04/10)
佐島勤、石田可奈 他

商品詳細を見る


 司波劣等生の事件簿 
「九校戦殺人事件 file.1」(違





前回から引き続き、大会が進行してたが
競技中の思わぬハプニングによって、摩利が負傷

しばらくの療養で
今後の試合参加が絶望的に…


まぁ、その事故は
裏で誰かが企てた陰謀のようだが


それらの事象は全て
達也のイケメンお兄様ポイントを稼がせる
格好の材料になるのであった!(ぇ


やたら、フラグ「だけ」は立てやがるぜ、この兄貴

今回だけで2名ほど堕としたか?(ぉ



ともあれ
謎のレースハプニング事件の解決に向け
名探偵・司波達也が調査を開始


なんかすっかり
推理物っぽい話になってきたなぁ^^;

達也のいる所に事件は起きる
そんな感じですね(ぁ



あー、それにしても
マジで説明だらけの作品だなー…(遠い目

テーマ : 魔法科高校の劣等生
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法科高校の劣等生 第12話「九校戦編V」

魔法科高校の劣等生の第12話を見ました。 第12話 九校戦編V 「じゃ、始めるか」 「了解、行くぜ!」 達也のもとに届いた武装一体型CADを試したレオンハルトは刀身の上部が浮く刀という珍しいものであった。 「大成功だな、達也。効果魔法って繋がってなくても機能するんだな」 「効果魔法の定義内容は相対位置の固定だ。接触している必要はない。このデバイスの作動形態は飛ばす...

魔法科高校の劣等生 第12話「九校戦編Ⅴ」

「やはり第三者の介入があったとみるべきですね」 大会中に起こったアクシデントに何者かの魔法干渉の可能性が… 怪我を負った摩利の代わりに本戦に出場する事になった深雪    【第12話 あらすじ】 大会3日目、バトル・ボード準決勝に進出した摩利は、その第一試合で“海の七高”と呼ばれる強豪校と対決する。出だしからリードするが、鋭角コーナーにさしかかったところでアクシデントが発生。制御不能...

魔法科高校の劣等生 第12話「九校戦編 V」キャプ付感想

見た目は劣等生、頭脳は名探偵なお兄さま(笑) 試合中の起きた事故の原因も推理してしまう達也さん。 女子のCADの調整でも活躍。 サポートしてもすごく優秀ですねw   大会3日目、バトル・ボード準決勝に進出した摩利は、その第一試合で“海の七高”と 呼ばれる強豪校と対決する。出だしからリードするが、鋭角コーナーにさしかかった ところでアクシデントが発生。 制御不能に陥って突...

魔法科高校の劣等生「第12話 九校戦編V」/ブログのエントリ

魔法科高校の劣等生「第12話 九校戦編V」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード