魔法科高校の劣等生 第10話「九校戦編Ⅲ」

魔法科高校の劣等生 クリア下敷き 【司波達也&司波深雪】 佐島勤魔法科高校の劣等生 クリア下敷き 【司波達也&司波深雪】 佐島勤
()
movic

商品詳細を見る

進展スローリー


前回、突然突っ込んできた車を
深雪&十文字が、消火&ディフェンス魔法で防御


まぁしかし、大体兄貴のおかげ


ってことで
やっぱり達也が裏で何か
フォローしてくれてたようですが

そこに気付いたのは深雪と、摩利がちょっと疑問視したくらい?


縁の下の兄貴っぷりパネェな



ともあれ
九校戦を前にして


入浴回きたー!!!ヽ(゚∀゚)ノ


と思ったら


着衣あり…だと…(´ρ`)


そりゃあ透け要素や、チラリズム要素も良いけど


だけど、せめて
腰巻きタオルだけにしてよ!!(ぇ



さらに言うと
巨乳メガネの美月が参加しなかったのが残念だなぁ

何気に、ほのかも巨乳枠だったが


内包的エロス度では
美月に軍配が上がるからな(何




で、その入浴の場で
ガールズトークが盛り上がって

達也に対する深雪の感情を問われてたが

実の兄妹だし。お兄様を恋愛対象として見たことはない

とのことでした


ヘー、ソウナンダー(棒


てか、前夜パーティ?の時
エリカからの好意に気付いてない達也の姿を見て

自分の気持ちにも気付いてない、とか
思いっきり、恋慕の目を向けてたじゃないですか、やだー



うん、それにしてもアレだね

話進まないね(笑

会話シーンが多いから、そう感じるのかな

最後に事件フラグだけは
立ててるんだけどねぇ…

テーマ : 魔法科高校の劣等生
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法科高校の劣等生 第10話「九校戦編III」

魔法科高校の劣等生の第10話を見ました。 第10話 九校戦編III 九校戦に向けてバスで宿舎に移動する代表のメンバーは道中で対向車側の車が急に炎を上げて突っ込んできたのだが、事故ではなく意図的な魔法による犯行だと分かる。 「では、先程のあれは事故ではなかったの?」 「あぁ、魔法の痕跡があった」 「私には何も見えませんでしたが…」 「小規模な魔法が最小の出力で瞬間的...

魔法科高校の劣等生 第10話「九校戦編Ⅲ」

「魔法の痕跡があった」 バスへと突っ込んできた車が事故では無く自爆攻撃だと見抜いた達也 そして懇親会が行われた宿泊施設の周囲には怪しげな人物が… 【第10話 あらすじ】 九校戦の会場に向かう途中、対向車線を走る車がガード壁に激突。宙を舞って一高生の乗ったバスに突っ込んできた。慌てた一高生たちが無秩序に魔法を発動したせいで、サイオンの嵐が起き、まともに魔法が効果を発揮しなくな...

魔法科高校の劣等生 第10話「九校戦編 III」キャプ付感想

達也兄さん、マジ優秀(笑) 事故も回避し無事に九校戦の宿舎に到着。 施設の地下にある温泉に深雪ちゃんたちも入ります。 意外なとこで温泉回でしたw   九校戦の会場に向かう途中、対向車線を走る車がガード壁に激突。 宙を舞って一高生の乗ったバスに突っ込んできた。 慌てた一高生たちが無秩序に魔法を発動したせいで、サイオンの嵐が起き、 まともに魔法が効果を発揮しなくなってしま...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード