魔法科高校の劣等生 第6話「入学編VI」

魔法科高校の劣等生 入学編3巻 (デジタル版GファンタジーコミックスSUPER)魔法科高校の劣等生 入学編3巻 (デジタル版GファンタジーコミックスSUPER)
(2014/03/07)
佐島勤、石田可奈 他

商品詳細を見る

壬生先輩の黒歴史



前回から
突然のようにテロに襲われ
戦場と化した学園


すげぇやばい状況なのに
さも見慣れた光景かのように対処する生徒らが凄い^^;

雑談する余裕があるとか、どんだけー


皆さん相当な修羅場を
生き抜いてきたのだろうか…
(;゚д゚)


で、どうやら
相手の狙いは図書館にある
魔法に関する機密文書の回収だったらしいが

達也たちの介入で失敗


そして深雪が、ここぞとばかりに
迷いの中にいる壬生先輩に精神攻撃を仕掛けて

心を折り

さらに
待ち伏せていたエリカが

腕の骨を折る

この容赦のない2重攻撃
壬生先輩を封殺(ぇ


いやー勝負の方は
一瞬でケリが着いてしまったか

吹っ切れた感じになってたから
ここで壬生先輩が、素の強さを披露すると思ったんだが

ものの数秒で負けて
ちょっと「あれ?」ってなった^^;


いやまぁ
エリカが名門の剣術道場の人間で
あの摩利より強い
らしく

そんな彼女に本気を出させるとか、大したもんですよ

とか、一応フォローはあったけどさぁ


それに、壬生先輩が語った
自分が反魔法側に協力した発端ってのが


かつて、摩利から
剣術指南を受けようとしたところ
蔑むような発言で突き放された、とのことだったが

実は

私では力不足だから
壬生は自分の相手にふさわしくない

という意味で
単なる「被害妄想」だったことが発覚したりとか

なんかもう散々ですね(笑


だが
そこまで壬生先輩を貶めた後で
ここぞとばかりに持ち上げる達也、さすがです(ぇ



ともあれ、こういう状況になり
いよいよブランシュの壊滅を考える達也

これに対して摩利から

学生の分を超えている!

と反対の声があったが


そ、そうすね

学生にできることなんて
せいぜいテロを抑えるくらいだよね!



ともあれ、結局の所
達也たちや見知った主要人物の少数精鋭で
ブランシュの拠点に向かうそうな

ついでに
部活問題で壬生先輩に突っかかってた桐原ってのも
実際は、好きな子だから、つい苛めちゃった系のツンデレ君だったようで(ぇ

今回の作戦に同行するらしい
チョロ系が多いですな

テーマ : 魔法科高校の劣等生
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法科高校の劣等生 第6話「入学編Ⅵ」

「俺と深雪の日常を損なおうとするものは全て駆除します  これは俺にとって最優先事項です」 ブランシュの狙いは機密文献である魔法研究の最先端資料! 今回の一件を見過ごせず叩き潰す為に拠点へ乗り込むつもりの達也   【第6話 あらすじ】 生徒会や風紀委員の活躍によって、ブランシュの襲撃は速やかに鎮圧されていく。敵の情報を得た達也は、深雪たちとともにブランシュが狙っているという図...

魔法科高校の劣等生「第6話 入学編VI」/ブログのエントリ

魔法科高校の劣等生「第6話 入学編VI」に関するブログのエントリページです。

魔法科高校の劣等生 第6話「入学編VI」

魔法科高校の劣等生の第6話を見ました。 第6話 入学編VI レオンハルトやエリカの力も借りて反魔法活動団体の狙いである魔法大学の非公開資料を達也と深雪は守り抜くのだった。 剣道選手としての評価と二科生としての評価のギャップに悩んでいた紗耶香は甲にマインドコントロールされていたようで、達也は勘違いし続けた1年間は無駄ではなかったと説く。 そして、反魔法活動団体を根絶やし...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード