まおゆう魔王勇者 第6話「お帰りなさい、勇者!/ああ、爺さん…ただいまだ!」

まおゆう魔王勇者 (1) (初回生産限定特典:朗読劇「昼の部」優先購入応募券/橙乃ままれ先生書き下ろし短編小説付き) [Blu-ray]まおゆう魔王勇者 (1) (初回生産限定特典:朗読劇「昼の部」優先購入応募券/橙乃ままれ先生書き下ろし短編小説付き) [Blu-ray]
(2013/03/20)
小清水亜美、福山潤 他

商品詳細を見る


魔王の裏方として
何やら独自に動いていた勇者

どうも、聖王国の聖鍵遠征軍の動きを
誘導するのが狙いのようですが?


つーか勇者さん
(女系)異種族に慕われすぎだろ(笑
気付いたら、みんな配下になっとるやんけ

そりゃ魔王も嫉妬しちゃうわ(;´∀`)


で、一方の魔王の方は
冬の王子と合流し、以前大敗を期した
魔族・南氷将軍が治める、極光島への侵攻作戦を展開


相手は海上戦を得意とし
それで前は、海路で侵攻したために敗北したわけですが

今回は、散らばる氷山を繋ぎ合わせ
陸路で進軍する策
を取り、戦闘を有利に進め

さらに、裏方作業していた勇者の行動により
聖鍵遠征軍を、極光島に援軍として登場させることで
挟撃された南氷将軍は完全に劣勢に

冒頭の勇者の活動は
この時のためのものだったのね

そして、敗北濃厚と悟った南氷将軍は
ついに自らが出撃するものの

女騎士がこれに応じ
1体1の勝負を挑んで、見事に勝利!

極光島の奪還に成功しましたとさ、と


しかし、いざ決着は付いたものの
戦争という、命の奪い合いで事を収めたからか
魔王は素直に喜べないようですが…


つーか、女騎士の戦闘スペックが相当だったんだが
非常識が身近にいるから、身に付いた力
って感じの口振りからするに

勇者は、もっと桁外れに強いってことなのかね?:(;゙゚'ω゚'):

まぁ南氷将軍を相手に
軽く倒してやるか?
っぽい、余裕の発言してたし

仲間の爺さんも言ってたが
戦闘面では、ほぼ無敵に近いんだろうな

ただ、それゆえの孤独ってのがあるみたいだけど

英雄的に扱われて
神格化され過ぎたってことかね?

テーマ : まおゆう魔王勇者
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まおゆう魔王勇者 第6話「お帰りなさい、勇者!」「ああ、爺さん…ただいまだ!」

「ここは勇者一人に罰を押し付けない国です  きっと勇者が孤独では無くなれる場所があります」 再び極光島奪還作戦開始――! 指揮を執る女騎士、そして魔王と勇者の策は上手くい

まおゆう魔王勇者 第6話「お帰りなさい、勇者! ああ、爺さん…ただいまだ!」

第2次極光島奪還作戦始動! 紅の学士こと魔王が実行したのは、氷による架橋作戦。 窮地に立った魔族も死にもの狂いの反撃に出る。 奪還作戦のゆくえは?

2013年01クール 新作アニメ まおゆう魔王勇者 第06話 雑感

[まおゆう魔王勇者] ブログ村キーワード まおゆう魔王勇者 第06話 「「お帰りなさい、勇者!」「ああ、爺さん…ただいまだ!」」 #maoyu2013 #ep06 話題のアニメ作品、2チャンネ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード