黄昏乙女×アムネジア 第11話「紅涙乙女」

黄昏乙女×アムネジア 夕子さん添い寝ポスター黄昏乙女×アムネジア 夕子さん添い寝ポスター
()
不明

商品詳細を見る

霧江のポーズ



過去の追想から戻った貞一ですが
影夕子の記憶に触れてしまったことが原因か

夕子は、貞一が
自分の嫌な記憶を思い出させる
影夕子と等しい存在であると認識してしまい

夕子の方から、貞一の姿を見ることが不可能に!?


結局の所、過去を認めない限り
進展しなさそうですねぇ


…で、霧江さん
そんな落ち込む貞一を、勇気付けるのは良いんだが
何故そんな、演劇チックなポージングを(;´∀`)

kirie.jpg

若干、厨二っぽくて吹いてしまったよ(笑

ともあれ
そんな状況の中、夕子の知人であったアサという
少女のことを思い出した貞一は

その時代で生きていた
霧江の祖母であり、夕子の妹でもある
紫子さんから話を聞くことに


で、その話から
貞一は、何か思い立ったのか
アサという子が残してた鈴を回収すると

今度は、部室周りのものを壊し始めた!?∑(´Д`;)

どうも
夕子の思い出の品を破壊することで
自分の存在を、強く意識させることが目的だったようで

おかげで、夕子は貞一の姿を
見ることができるようになりました

…が
それと同時に影夕子の姿も…

しかしこれは
影の方とも、しっかり向き合って
話をしたかったという、貞一の狙いであり

その甲斐あって
憎しみを持った影夕子もまた
同じ1人の夕子」であることに変わりは無い
、と
貞一から受け入れられ

ついに
夕子と影夕子は
統合を果たす
のでした


そして、さらに
もうひとつの真実が発覚

それは
あのアサという少女が
実は、貞一の祖母であった
という事実( ゚д゚)

要するに
あれから疫病で死ぬこともなく
家庭を持つほどに、長生きで居られたんですねぇ

ってか、親族や友人の家系が
意図せず一同に揃うってのも
世界は広いようで狭いというべきか^^;

いやーしかし
すっかり、めでたしめでたし、だが

色んな問題が解決して
夕子は成仏したりしないんだろうか?(´・ω・`)

最後に出た
体のすり抜け兆候からするに
そこが最終問題になって来るのかな?

テーマ : 黄昏乙女×アムネジア
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黄昏乙女×アムネジア「第11話 紅涙乙女」/ブログのエントリ

黄昏乙女×アムネジア「第11話 紅涙乙女」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード