ギルティクラウン 第14話「攪乱 election」

ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [Blu-ray]ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2012/02/22)
梶 裕貴、茅野愛衣 他

商品詳細を見る

集さんが主人公している…だと!?



GHQから発せられた、完全封鎖宣言
そして始まる、ウィルス排除と言う名の殺戮

これによって
ますます生徒達の不安や不満が高まり
そのイライラの矛先は、会長である亜理紗へと向けられ

さらに、その火種は
葬儀社メンバーにも飛び火

彼らを発見し差し出せば、助かることが出来ると…

まぁ、この撹乱ネタ自体は
嘘界さん+不良学生が仕向けた罠なんですが

で、当然いのりも
疑われて生徒に狙われることになるんだけど
反撃して、まさかの生徒殺害!?∑(´Д`;)

しかも「何もなかった」と
淡々と偽ってる辺り、感情に問題ありですな…

テロ組織の人間として
すっかり殺人にも慣れちゃってる
と言う感じなのだろうか?

まぁ作戦遂行中は、危険が迫れば
躊躇なく撃つってタイプだったけどさ

そして、その一方で
今回焦点を当てられていたのは
ネコミミ娘のツグミ嬢

会長の一件で
辛辣な発言を残したり

家族がおらず
ずっと1人ぼっちだったと
普段の明るさとは違った影が垣間見えました

果たして、そんな彼女のヴォイドとは…

…ってことで
ツグミも綾瀬らと同じく、葬儀社と疑われ
公開処刑なノリになって大ピンチだったのですが

それを見兼ねて立ち上がったのは
リーダーとしての才覚を見出し始めた集

自らも葬儀社の1人であると明かし
もし本当に要求を呑めば、その人は助かるのか?
という実験を提案する

で、その実験には
ツグミのヴォイド能力である「コピー生成」を使い
集達のダミーを送り込んだのですが

結果は「要求を呑んでも、やっぱ殺される」でした(´゚д゚`)

そして
それが発覚したことで
不良コンビの目論見が崩れ去り

圧倒的な力を見せ付けた集が
谷尋の誘導もあり、新たな指導者として
会長に就任することに


まぁここまでだと
綺麗に終わったかに見えたのですが

何やら谷尋から、集を頂点として
学生らをヴォイドの能力値でランク付けしようと
突拍子もない提案を持ち出されることに

何だかエリート主義っぽくて
また波乱の予感ですな…

あと、いのりに殺された(?)であろう
生徒のことや、躊躇なく手を出した、当人の気持ちも気になるところ

とりあえず今回の内で
死体が見つかったぞー!とかならなかったけども…

それと結局
ツグミのコピーを作るヴォイドというのは
彼女の心がどうなってるっていう表現だったんだろ?

見られたから開き直る、みたいなこと言ってたが

ホントは1人でいるのが寂しいから
話し相手を増やしたいとか、妄想で友人作ってましたー(ぇ)とか
そういう思いからのコピーなのかね?ふーむ


…で、最後に
エンドカードのツグミですが…

ふぅ…(ぉ

テーマ : ギルティクラウン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ギルティクラウン「第14話 攪乱 election」/ブログのエントリ

ギルティクラウン「第14話 攪乱 election」に関するブログのエントリページです。

◎ギルティクラウン第14話「攪乱:election」

会長:自体がはっきりするまで動くべきではないのです。*:俺たちは存在しないことになってんだよ。みんな死ぬんだ。*:ボクが思うに状況がわからないのが問題、誰かが視察すべき...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード