ギルティクラウン 第11話「共鳴 resonance」

Departures~あなたにおくるアイの歌~(初回生産限定盤)(DVD付)Departures~あなたにおくるアイの歌~(初回生産限定盤)(DVD付)
(2011/11/30)
EGOIST

商品詳細を見る

ダァーーーーーn・・・ガ…ガァーーーイ!!



はじまりの石発動によって
拡大する、キャンサー化現象

で、その裏では
茎道や嘘界達が、指揮権を奪うべく
浮気パパに怒りを燃やすダリルを使って、親父たちを殺害

そして
その巻き添えの如く
あの熱き漢のダンまでが…(´・ω・`)

あぁ・・・良いキャラだったのになぁ

まぁ女性(春香)を守って死ぬという
カッコいい最後ではあったけどさ

死んでなかったらごめんなさい(ぉ

で、そこからさらに
今回の騒動が、全て葬儀社によるものだと罪を着せられ
いよいよ追い詰められるメンバー達

で、集はこのことで
ツグミから責められてしまい

これは何とかしなければと
救助のため、協力者を募ることに

ふーむ…
集が腹を括る経緯として
もうちょっと何か欲しいとこだったけどなぁ

とりあえず
自分が王の力を持っていることを
友人や知人にちゃんと知ってもらう意味で
祭に許可を貰い、ヴォイドの抜き出しを見せた集

ふぅ…
胸のアップ&ヘヴン状態の祭
どうもごちそうさまでした(*´∀`)(ぇ

ってか、その
ヴォイド抜き出しの前後会話が
まさに初体験っぽくて、何だか卑猥に聞こえたぜ(*´Д`*)

前「怖いことしちゃうかも」→「うん…いいよ
後「私…どんなだった?
とかさ、うへへ…(変態

まぁ集の囁きセクシーボイスからして
何か雰囲気が怪しかったが^^;

で、王の力を明かしたは良いものの
谷尋から、テロ組織である葬儀社を何故救うのかと
その必要性を問われ

それに対し集は
葬儀社が、自分に存在意義を与えてくれたからだ、と
はっきりと意思を伝える

すると、何やら
それに共感した颯太は勿論のこと
谷尋もあっさり懐柔∑(゚Д゚;)

集の心変わりもそうだったが
命懸けの作戦であることや、テロ組織の人達を救助するってことを
そんな簡単に了承してもいいのかいな?(´Д`;)

ともあれ、友人連中を連れ
追い詰められる葬儀社の救助に向かった集ですが

いやーなんつーか
例の如く、やられる姿がエロいですね綾瀬さん!(*´Д`*)

ガシガシ攻撃される度
胸がぷるんぷるんと…って
今回そんなことばっかり言ってるな^^;

ただ思うんだけど
確かに集の持つ、王の力は凄いものだったけど
正直ちょっと集が期待されすぎてない?

それでも集さんなら…集さんなら、きっと何とかしてくれる!」って感じに
いつの間にやら、凄い持ち上げられてる気が…
仮にも新人君ポジションなのだけど

まぁともかく
その一方で、春香さんの協力を得て
歌による、キャンサー化の防止を行っていた、いのり

そして、集はみんなのヴォイドを使いながら
いのりの下に向かったのですが

そこに突如、集と同じく
王の力を持った(?)謎の少年が現れ
いのりからヴォイドを抜き出すと、集を狙って攻撃…!?

が、その危機に対し
咄嗟に涯が庇いに入り…
…ってなとこで終了

うーん、全体通して
中々に熱い流れになってんだけど
ちょっと勢いを出しすぎて、細かい気持ちの描写を通り過ぎた印象ですな

何を切っ掛けに、心を入れ替えたのかとか
そういう部分が弱いんですよね、この作品

ま、展開的に盛り上がってるんだから
そんな、こまけぇことはいいんだよ!とも言えるのですが

テーマ : ギルティクラウン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ギルティクラウン 第11話「共鳴:resonance」

「僕は僕に出来るやり方でやるしかない」 涯といのりを助ける為に 自らの意思で動き出した集! そして、懇談に陥る東京に いのりの歌が響く――    【第11話 あらすじ】 その歌は、東京にロストクリス...

ギルティクラウン 第11話「共鳴 resonance」

僕は 僕に出来るやり方でやるしかない――。 いのりたちを助けに行くため 集は花音や谷尋に協力を頼む。 涯のようなやり方はできないので、集は素直に説得を試みます。 ヴォイドの説明と、助けたい人がいる...

ギルティクラウン phase11「共鳴:resonance」

ギルティクラウンの第11話を見ました。 phase11 共鳴:resonance 「涯、まさか…!?」 「違う、これは…」 東京にロストクリスマス以来のカタストロフが引き起こされ、キャンサー化の波は敵・味方の区別...

ギルティクラウン 第11話 「共鳴 -resonance-」 感想

「ギルティクラウン」  第11話 「共鳴 -resonance-」 の感想記事です。   1クール目の最終ってコトで、色々明かされると思ってたけど、   どうやら次回に持ち越しのようですね。   ちなみに次回からは、新OP&EDがお披露目になりそうです。   楽しみ 楽?...

ギルティクラウン 11 共鳴:resonance レビュー

遺伝子共鳴によって、人々が次々と結晶化を起こし ロストクリスマス以来の大パニックに陥る東京。すべては 茎道修一郎がアンチボディズを率いて起こした事だが… あれっ 一般の人々とか涯とか以外に、GHQの人達の一部も キャンサー化しちゃってるじゃん…!! なんとあ?...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード