終わりのセラフ 第20話「鬼のコモリウタ」


前回の奇襲の流れから
味方の援護も加えてクローリーと対するも

お付きの2人からの妨害もあって、あえなく失敗

優一郎の願いも空しく
無情のタイムアップとなり
グレンを残して、撤退を余儀なくされることに…



つーことで
結果、グレンは囚われの身になったわけだが

まぁ中心核のキャラだし
今はまだ離脱しないだろうなぁ、という気持ちと

正直なとこ
人間側の内通者が誰か分かっていないので

仮にグレンがそうだとしたらと予想すると
元々こういう(潜伏)狙いだったとも言い切れず、疑心も少々


まぁなんにせよ

家族を救えなかった+任務として家族を切り捨てた

という現実に、意気消沈する優一郎


そして、どうしても
グレンを諦め切れないという強い想いから

あの鬼の強化剤を、致死量に至るほど服用してしまい、肉体に限界がきてKO

戦う前に死んでどうすんねん、と
ちょっとシュールに思えちゃったが^^;


ただこの件でシノアも
グレンが忠告していた「大事な人の死」というものを
身に染みて感じる形になったのかな?


ヒロインしてて宜しいですねぇ(ぁ


まぁとりあえず
次回予告の感じからすると
優一郎を巡って、またミカエラとの共闘になりそうだな

テーマ : 終わりのセラフ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード