ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~ 第13話「未来には二通りある」(完)

ワールド・デストラクション?世界撲滅の六人? Vol.1 (初回限定版)ワールド・デストラクション?世界撲滅の六人? Vol.1 (初回限定版)
(2008/09/26)
宮野真守坂本真綾

商品詳細を見る
最終回です、つーか結局タイトルは1話だけ「108の」で二通り揃いじゃなくなったなぁ
こうなるんだったら、あれは「機械には二通りある」で良かったんじゃ…

と、まぁとにかく本編へ

リ・アは過去の記憶を垣間見ていた…
それは一人泣いていた幼いリ・アをなだめる様に花を渡す赤毛のキリエ…
な、なんというキザメン…今のキリエと違いすぎる^^;
とりあえずリ・アのキリエ一目惚れはこの出会いがきっかけですか

リ・アはナジャに救われ記憶の迷宮に着いていたようで
そのため過去のことを思い出していたのだった

一方、ワシ師の軍勢に囲まれていたモルテ達
デストラクト・コードを要求していたワシ師はワニ師が騙していた事を知らされるが
訪れたワニ師は、何のためらいも無くワシ師にデストラクト・コードを明け渡す…
その代わりに要求したのは撲滅委員の明け渡し

300年以上前にキリエと会っていたことを思い出したリ・ア
今のキリエと姿形は変わらず、違うといえば髪の色くらい
長命なのは竜族だけ…しかしキリエはそうではない…
ナジャが何かに気付くが突然の落盤に会話は中断される

ワニ師は執拗にキリエを確保しようと襲い掛かる
トッピーの活躍でその場は逃れ、モルテもワシ師からデストラクト・コードを奪い返す

しかしワニ師がわざわざデストラクト・コードを持って戻ってくるのは有り得ない、と
「それ」はデストラクト・コードでは無いのではと疑問をぶつけるキリエ
フフフ…何だかんだで我輩の推理が当たってるじゃねぇですかい…(ぉ

そのことを知るためにも記憶の迷宮で、自分が見た過去を再度見られればと考えるキリエ

ワシ師の放った攻撃により吹き飛ばされたキリエは迷宮の底へ落ち
またあの時の過去を見ることになる…

レーヴェと知り合いだった赤毛キリエ
戦いの中ひとりその場にとどまる赤毛キリエは
世界を変えることが出来るのかを見てみたいとレーヴェに語る

レーヴェが去った後、赤毛キリエとキリエが対面し
あの黒い玉はデストラクト・コードでは無いと知らされる…

リ・ア達が洞窟を進んでいると、あの赤毛のキリエの姿が…
ナジャが正体を問い正そうとすると
「そう、そいつがデストラクト・コードだ」と、ワニ師が登場
またナジャ言い損ねた^^;

デストラクト・コード=キリエ説ビンゴでしたかー
まだ我輩も現役じゃい!(何の

ワニ師はキリエに共に行こうと誘うも
怒りのたまった救済委員の二人によってボコボコに^^;
クールに見つめるキリエとバックに流れるワニ師の悲鳴とのギャップがウケる(笑
ワニ師は結局知識だけの存在かよ^^;

モルテ達を救いに向かったキリエはワシ師の下へ…
部下達をなぎ払い、扉も吹き飛ばし、ワシ師も一発粉砕
まさにキリエ無双!!

トッピーがキリエ見て
キリエ、その頭…不良になったのかクマ?
って言ってたが、じゃあ金髪はそういう印象ではないのか^^;
まぁ染めたのでは、という考えからだろうけど

そしてキリエはモルテ達に真実を語る
黒い玉はあくまで記憶媒体に過ぎず、レーヴェが見つけたという
デストラクト・コードは黒い玉の事を指したのではなく、キリエのことだった
その後形見としてモルテに黒い玉は渡り、記憶を失くしたキリエとモルテは出会ったと…

つーかレーヴェは何でキリエがそうであると気付いたんだ?
少なくとも傍目には普通の人間にしか見えないと思うんだが…
あと、空っぽキリエの性格は何故あんなヘナチョコになったのか^^;
髪の色も特に意味は無いのか

デストラクト・コードとして目覚めたキリエは、
モルテが願っていた世界崩壊の願いを叶えるため、力を解放する
それによってワシ師の部下、そしてワシ師もに…((( ;゚Д゚)))
ちょっと可哀想な結末やねぇ…
なんだか鉄腕バーディーリュンカ思い出したぞい

ぬおおおお!!キリエの片目がグロいーーーーーーー!!
うにょろん状態だぁあああ!!(何

この危機に何事かと駆けつけたアガンの船に勝手に乗り込み、その場を離れるモルテ達

世界が砂に変えられる光景を見たモルテは単身キリエの下へ飛び込む
自分が旅を続け様々な出会いを繰り返し学んだこと、そして家族から託された願い…
もう自分は世界崩壊を望んでいない、この世界にいたいとキリエに伝え
口付けをする…

すると力は静まり、元に戻ったキリエ…
くぉおおおお!!戻ったキリエに喜んで頬染めて見つめて抱きついて
尚且つ他の皆が姿を見せるとパッと離れて照れるモルテが可愛かった^^
今までお姉さん属性で気の強いモルテだっただけに、こういう女の子らしい反応は萌える

記憶媒体も壊れ、世界崩壊の危機は免れた
それでも獣人との確執が無くなった訳ではないので、それをこれからキリエ達みんなで
どうにかすっぞーということでおしまい

ふぅ、ついに終了したわけですが
やっぱり冒険物が1クールなのが残念すぎる…
当然旅の途中で色んな人に出会うけど普通はどっかでまた再会して
イベントがあるもんなんすよ(ぉ ラスボスへ向けての支援とかさぁ
でもこの作品では基本一度きりだけのまさに脇役扱い…

さらに言えばメインのアガンは運び屋以上でも以下でもなく
トッピーもマスコット以上でも以下でもなく
ナジャは知識が役に立ったことがほとんどなく、ハーフ属性を活かした話も無く…
リ・アは結局キリエに対する気持ちもはっきり分からず
まぁ色々と掘り下げ具合が残念だったかな、と

んで「世界撲滅の六人」というタイトル
どう考えても世界撲滅に加担した6人という意味に取れるんだが
実際はモルテぐらいしか考えてないという偽り具合^^;
これだったら「世界撲滅のモルテ」でOKだろ(ぇ

まぁゲームの事もあるし、あまり深くは突っ込めずってとこだろうか
とりあえずは声優とかも結構なサプライズだったし、ネタとしては面白かったかなぁ
ってところですか、うむ、ではこれにて終了!
wdv2.jpg※追記:微妙に加筆、修正

テーマ : ワールド・デストラクション ~世界撲滅の六人~
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード