FC2ブログ

グランクレスト戦記 第24話「皇帝聖印」(完)



最終回


混沌の是非をかけた最終決戦

どうもラスボスを担当するのは
吸血鬼のディミトリエだったみたいですね

長らく抗争を繰り広げてきたミルザーと比べると
そこまで因縁を感じなくて、どうにもキャラ印象が薄いのですが
^^;

物語の大半は
マリーネ達や人間同士の戦いだったからな


ともあれ
ディミトリエを退けたテオ達でしたが
残る問題である「混沌」の始末

どうも魔法師協会側の行動理念としては
混沌による破壊と動乱がなければ、必要以上に文明が発展し
超兵器を使った人間同士の争いにより破滅の未来を呼んでしまう


という、お告げがあったからみたい

正直、混沌の力が
どれくらい世界に問題を起こしてたのかピンと来ないんだが

とりあえずテオは
遠い未来の可能性を心配するよりも
今を生きる人たちの秩序と平穏が大事であり

先の未来のことは、その時代に生きる人間が決めることだ

と、混沌の破壊を決意

こうして、世界からは混沌が消え
先は見えずとも、今この時、テオ達に何気ない日常が戻ったのでした

めでたしめでたし




つーことで総括ですが

まぁ正直、ストーリー自体は
設定的にあまり乗り切れなかったんですが

所々に挟んでくる
シリアスな笑い(全裸で進軍)とか、ガチなNTR描写だったり
妙なところで記憶に残る作品だったなぁ

という感想ですかね(笑

ただ尺はともかく
どうやら原作の完結まで収め切った、ということなんで
そこは素直に凄いと言えるところでしょうか?

この手の作品は、大抵の場合「俺たちの戦いは」EDですからね

2期を作れる確証があるならいいけど
余程の話題作でもないと、続きが出ないですし

ともあれスタッフ皆さんお疲れさまでした

テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

グランクレスト戦記 第23話「城壁」



魔術師協会の本拠である
エイラムを攻略しようとするテオ達ですが

相手もいよいよ手段を選ばなくなり
巨大モンスターのサイクロプスを召喚


しかし冒頭で
見境なくてエイラムごと滅ぼすかもな…( ̄ー ̄)ニヤリ
と、その強さをえらい誇張してた割に

特に甚大な被害を被る描写もなく
ラシックら少数精鋭で倒してしまうというね
^^;

…というか
そこで犠牲になったのって
サイクロプス召喚の際に巻き添えを食らった
魔術師協会の連中だけなのでは
(笑

まさに、ただの自爆に終わったというオチ

テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

グランクレスト戦記 第22話「聖杯」


魔術師協会との衝突を避けるため
聖女プリシラが教皇を説得するべく出立

つーか
プリシラの演説シーン、神々しい演出をしてるわりに
目がヤンデレ状態で怖いんですが…((((;´・ω・`)))

これはこれで逝っちゃってる系


しかし、今回のヤンデレ目込みで
何かもっと裏がある(黒幕か)と思ったプリシラですが

実権を奪われることを恐れた
教皇らの策略により、意外とあっさり死亡

まぁ罠だと承知したうえで、あえてやられたって感じですけど

ということで
結局のとこプリシラは
普通に、ただの良い人だったってことか

こいつ実は腹黒キャラだな、とか疑ってすんまそん(ぇ

だってこういう
清廉潔白で善人レベルMAXで、常にニコニコ笑顔な聖女キャラって
裏の顔があるのが定番じゃん?(ぇ

おかげで、シルーカ達がプリシラの犠牲に泣いてるシーンで
こいつ絶対復活するぞ!」とか考えてて、悲観するどころじゃなかった^^;



うーん、というか正直
ストーリー的には佳境ってことで盛り上がってる風なんだが
どうも自分、この終盤展開には乗り切れないなー

協会側のエピソードに無関心だった影響もあるだろうが

個人的にマリーネとの戦いまでで
やや熱が冷めてしまった感

テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

グランクレスト戦記 第21話「粛清」


前回ついに、同盟との戦いに終止符が打たれ
和平への道が出来たのですが

それから早々に
最後の問題となるであろう
魔法師協会とやらが、君主と魔法師の殺害行動を開始

以前も言ったが
この辺の設定については
正直よく分からんですな^^;

とりあえず
混沌を消す力(皇帝聖印)を得たテオ軍
混沌(魔法の力)を消されたら困る魔法師協会との戦いってことでいいのかな?



…ていうかさ
仲間にいるシスター少女のプリシラちゃん
ちょっとチート過ぎない?

神は言っている…ここで死ぬ定めではないと

みたいな、どっかで聞いたようなフレーズで
何でもかんでも解決してない?((´・ω・`;))

一番力に謎が多くて
怪しいポジションな気がするんだけど
完全に味方サイドということで受け入れてもよいのだろうか?

テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

グランクレスト戦記 第20話「三勢力会戦」



迫るマリーネ率いる同盟軍との決戦

まぁあまり覚える必要はないだろうけど
敵味方で各国の主力部隊が集まってるってことで
やたら登場キャラが多いですな^^;

ここぞとばかりに存在アピールしてきてるけど
もはや誰が誰やら(笑


ともあれ
戦闘が長丁場となり混迷を極めていたその時
ついに連合のアレクシスが戦場に来訪

条約・同盟・連合の三勢力による会談の場が開かれることに

正直、この手の
戦略方針には詳しくないが

これまでガンガン殺し合いしてたと思ったら
アレクシスの登場から、いきなり三者面談のシーンになって驚いてしまった^^;

つい数分前まで戦ってたのに、切り替え早いなぁ、なんてな


そして、その会談の中で
すべての元凶である「混沌」を生み出した黒幕
「魔法師協会」であるという話になり

テオはこれを打倒するために
改めて2人は婚姻して、三勢力で手を組もうぜ!と進言するものの

アレクシスを巻き込みたくないという気持ちと
1度きりとはいえ自分の純潔をミルザーに捧げてしまったという負い目から
マリーネは首を縦に触れずにいたのですが

真実に勝る愛はない!ということで
アレクシスとマリーネは、旨いこと元鞘に収まったのでした

めでたしめでたし

いざ2人のわだかまりが解けると
これまでの争いとは…という気にならんでもないが(´-`)

戦争はそんなもんか


うーん…しかしやっぱり
混沌」周りの設定は、どうも理解が追い付かないなー

ストーリーに関わってきたシーン自体
ものの2、3回程度じゃないかな?(初回と中盤くらい?で

だもんで、実は魔法師協会が黒幕だったとかいわれても、どうにもピンと来ないのよね(´・_・`)

テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード