Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- 第12話「オカルティック・ナイン」(完)



最終回



電波塔「オッドアイ」の破壊を前に
完全版ポヤガンを使って蘇生を果たした仲間たち

しかし
悠太は作戦遂行のために
アストラル体である必要があり

オッドアイを無事破壊するも
蘇生可能なリミット時間を超えてしまい

幽霊化したまま、終了しましたとさ





あれ?

なんか一応
蘇生が間に合うかもフラグあったけど
結局ダメだったん?

なんかこう
MMGの今後だとか、梨々花の件だとか、アベリーヌの魂がどうなったとか
微妙にはっきりしなくてモヤッとしますね


うーん


まぁ総括ですが


正直、中盤ぐらいまで
早口の進行+オカルト超常ネタ満載
もう何が何やらでしたが

いざ終わってみると

全て、霊体(アストラル体)による騒動だった

で、大体片付く話ではありましたね

美優羽とか、あすなとかは
生身で不思議パワーを使ってたけど


しかしまぁ
2クールまで引き延ばすほどの流れでは無いにしろ
かと言って、1クールでも収まらない微妙なラインの作品だったなぁ、と思ったり



そういえば
来年1月の新作アニメには
また科学系シリーズがあるんだよなぁ

見ることになるかねぇ



ともあれスタッフの皆さんお疲れさまでした


テーマ : Occultic;Nine
ジャンル : アニメ・コミック

Occultic;Nine-オカルティック・ナイン- 第11話「大いなる目的のためよ」


稜歌(アベリーヌ)から語られる
アストラル体の理論

まぁ美優羽と同じく、よく分からなかったが(ぇ


とりあえず
放ってる周波数の違いによって
会話認識できる対象が変わるってことらしい




ともあれ
潰されたはずのバーで働くオネェのマスター・和泉 公平を怪しみ
陰謀を暴きに来たあすみ

で、どうもその正体は
相手組織MMGの人間だった模様

しかも、かなりの下衆で

スカンジウムによるビジネスを狙っていたところ
悠太の親父に止められ、邪魔になったからと殺していたり

同じく、有能さを危険視して
サライの親父を殺していた実行犯でもあり


まさに完全な黒幕でした(´・_・`)

Oh…あんなネタキャラやったのに


しかし、なんかこの1話だけで、一気に問題が片付いた感もあるな

それも私だ

みたいなノリで(ぉ


で、とりあえず泉の方は
周波数シンクロで、幽体から実体への接触を可能にした
悠太の物理パンチにより撃退、お縄となりました

そしてその後
悠太たちは、計画を阻止する最終目標として

MMGが電波を発生させてる
オッドアイ」を破壊すると決めて終了

次でラストかなぁ?

あまり梨々花とかの謎に触れていないが




にしても
不思議なもんで

あの天然(の演技をしてた)稜歌の爆乳には
魅力をあまり感じなかったが


性格がアベリーヌのクール属性になってからは
妙に似つかわしくないギャップがあってエロく感じます
(ぇ


テーマ : Occultic;Nine
ジャンル : アニメ・コミック

Occultic;Nine-オカルティック・ナイン- 第10話「本当のワタシ」



本性を晒した爆乳娘の稜歌

やっぱりラジオで悠太を誘導してたゾン子は
稜歌だったようですね


というより

稜歌の体に宿っていた
20世紀時代の発明家・ニコラ=テスラの娘
「アベリーヌ」の魂(アストラル体)
が、彼女の正体らしい

天然ボケキャラは、稜歌自身の性格?

稜歌の元人格があるのか
最初から最後までアベリーヌの演技だったのか
、どうなんでしょ



で、そしてさらに

稜歌の家系である医療財閥・成沢家
この霊体化騒動の中心グループと関係してることが発覚して終了


うーん…
横繫がりは見えてきてるが
何をもってこの作品が終わるのか、分からなくなってきたな^^;

やっぱ話が見えてこないっす


テーマ : Occultic;Nine
ジャンル : アニメ・コミック

Occultic;Nine-オカルティック・ナイン- 第9話「きっと世界は終わるね」



死んだと思われた親友の川畑千津から
不審な画像メールが届き

安否を気にした美優羽は、単身写真画像の場所へ赴くが

例によって
また霊体カード少年に釣られる結果に…


結局、千津は殺されてたようですね(´・_・`)

死んだ人間の話であるとはいえ
この場合は、ガチの死亡ってことで、霊体とか関係ないのかな?


そして
スカンジウムとやらの電磁波の有無により
見える霊体と、見えない霊体の違いがあるということだが


あすなが
悠太を認識してたのと同様

爆乳娘・稜歌の姿も、同じくあすなから認識されてたのも、その流れ?


そもそも稜歌も霊体なのか?

それとも
あすなと同じように
生存体の身で霊体を認識してるのか?


うーん

キャラ目線によって
不可視だったり、実体が写ってたりして
判断がつかないな
^^;


ただ、最後の方で
自分の遺体を見たことで、ヘタレてしまった悠太を一喝した
稜歌のマジモードな感じの話し方

ラジオで悠太にアドバイスをしていた、あの口の悪いS女っぽかったが…

はてさて

そろそろ
稜歌の正体に迫りそうだな

テーマ : Occultic;Nine
ジャンル : アニメ・コミック

Occultic;Nine-オカルティック・ナイン- 第8話「我々のたどり着いた究極の医療なのだ」



遺体安置所に赴き
自分たちが死んでいる事実を
目の当たりにした悠太達ですが

そんな折
なぜか生存体の身でありながら
霊体となった悠太が認識できるFBIのサイコメトラー・鬼崎あすな

事の真相を知ろうと接触を…


どうも話によると
ラジオ放送の仕事をしていたという
亡くなった悠太の父が、事件の裏に絡んでるらしいっすね

…というか

この霊体システムを医療(永遠の命ゲット)に使って
世界の仕組みを変えようと目論む組織
に、立場を利用されてしまった?


なんか話の流れは複雑だけど
もうかなり、物語の核心に迫りそうな勢いだなぁ

これって1クールものなのかな?


2クールまで引き延ばす展開にも思えなくなってきたが
1クールで全部解決できるのかも怪しい


テーマ : Occultic;Nine
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード