クロムクロ 第26話「侍は振り返らず」(完)



ゼル達と共に
エフィドルグとの戦いに赴こうと
地球を離れる決意を固めた青馬ですが

一方の由希奈も
仲間の後押しを受けて同行することを決意



で、そんな中
最終回にして衝撃の事実が発覚!

なんと
あのマッドサイエンティストなハウゼン博士は
実は、カメラ小僧・純大のお父さんだった!?
Σ(゚д゚|||)

なるほどなー

危機的な状況を平然として楽しんでた
あの狂人染みた性格は、父親譲りだったってことなのね


まさに
あの親にして、この子ありだなと
普通に納得してしまったよ^^;



ともあれ
青馬達がいざ戦場へと向かおうとするなか
軍人のトムさんが妨害しに乱入

機体の形状が、完全にラスボスだな^^;

よもやトムさんとの対決が
この作品最後の締めになろうとは


そして、その戦いの最中
由希奈の乗っていた機体は飛行能力を失ってしまい

青馬と同道することは叶わず…



…が、しかし

それから5年後

由希奈は自らの足で、宇宙へと旅立つこととなり
青馬の待つ地へと向かうのでした
、と


最終的に、エフィドルグは蚊帳の外でしたね^^;


まぁ残り話数からして
大軍勢とのバトルにはならないだろうと思ってたけど

結果は想像にお任せしますってか



さて総括ですが


初見のイメージとしては
もっと鬱々としてる内容かと思ってたんだけど

全体通して
明るさ&ノリの軽さ重視

地球の危機という割に日常を謳歌してたり
身内のキャラに限っては、ほとんど死者を出さなかったり

割と緩い作品でしたね

そういう意味では
あまり衝撃的な要素はなかったと言えるけど

逆に言えば
シンプルな青春熱血王道ストーリー
取っつきやすかったとも言える


そして何より
女の子のモチ肌でふくよかなタッチが
健康的なエロスを醸してて、そこは良かったです
(ぇ


ともあれスタッフの皆さんお疲れさまでした


テーマ : クロムクロ
ジャンル : アニメ・コミック

クロムクロ 第25話「鬼の見た夢」



エフィドルグの大軍が
224年もの先に訪れるとされるも
ひとまずの日常を取り戻した青馬たちですが

しかし青馬やエフィドルグも含め
身体構造的に、人間のそれではないということから

存在を危険視される兆候が…



そして、その挙句
ムエッタがハウゼンの手で捕らわれてしまい実験対象に?

うーぬ
終わりが近づいて、爽やかになるどころか
寧ろ暗いムードになってきましたね…

ハウゼンとかもう
完全に黒幕の勢いなんですけど^^;

まぁ元々マッドな感じではあったが



で、この事から青馬は
ゼルやムエッタと共に地球から去り
エフィドルグに挑む覚悟を決めたようで


由希奈との決別を宣言しました


もう次で最終話だろうけど
これあと1話で丸く収まるのかね?


テーマ : クロムクロ
ジャンル : アニメ・コミック

クロムクロ 第24話「血戦の黒部ダム」



エフィドルグとの決戦が迫る中
サラッと、青馬が由希奈にプロポーズ

ムエッタ(雪姫)のことは
主として慕ってるだけ、と割り切ってたり


ソフィーについては名前すらも出なかったので

これにて恋愛決着か?

ソフィーは
公式HPで青馬や由希奈と3人一緒に映ってたり
雪姫のことで嫉妬するシーンがあったり

ちょいちょい恋愛フラグがあって
第2(ライバル)ヒロインかと思ったが、最終的には蚊帳の外だったなぁ

話数の都合で、端折られた可能性も?(ぉ



ともあれ
エフィドルグとの総力戦に向け
研究所の奪還作戦が展開されていたところ

そこで予想していた通り
セバスチャンさんが生還して再登場(´∀`*)

ですよねぇー

こういうとこは、やはり緩い作品である(ただしモブには容赦しない


そして、ここから怒涛の勢いで
ミラーサにヨルバにイムサにと、エフィドルグの幹部を次々に撃退

一気にお掃除タイムに入ってるな^^;

うーん…
ミラーサとかには
もうちょい死に際の台詞とかが欲しかった気もするが…

死んだかどうかはっきりしてないけど
無言のまま退場というのも、ちょっと物足りないな


で、最後に残った
エフィドルグの親玉・レフィルまでも追い詰めたわけですが

彼曰く
エフィドルグの大部隊が地球に迫る危機は
まだ終わってないとのこと


どうも
その次の軍勢が来るのは
224年後とかって遠い未来のことらしいが


また青馬が長い眠りについて、それと戦うようなノリになるのか

そもそも
来させないようにできるのか


それとも子孫に託すべく、子作りに励むのか(おい



いやーしかし
最後に残った親玉のレフィルを仕留めたのが
青馬とかでなくゼルだったもんで


自分はてっきり

フフフ…この時を待っていたのだ…

とか言い出して

ゼル、お前が黒幕だったのかーー!?
…みたいな流れになるかと思って焦ったが

そんなことはなかった(ぉ


テーマ : クロムクロ
ジャンル : アニメ・コミック

クロムクロ 第23話「雪に唄う蛙」


エフィドルグが着々と
軍本体の呼び出し準備を進めている中

学校の方では
ムエッタが転校生として編入し

お悩み進路相談に、映画撮影の茶番劇にと
安定のマイペースぶり
^^;

終盤とは思えないとは何度も言ってるが


まぁ考えようによっては
決戦前夜イベント…みたいなもんか?


ということで
今回は、実にほのぼのしたムードで終わりましたとさ

この調子だと
恋愛路線は、なぁなぁで終わるかも?

テーマ : クロムクロ
ジャンル : アニメ・コミック

クロムクロ 第22話「鬼が哭いた雪中花」



今明かされる
鬼を求めて失踪した由希奈の父・岳人と
ゼルの出会い



なんつーか
むさい男(おっさん)同士のやり取りなのに
やたら微笑ましくて、無駄に2828してしまった
^^;

2人が主人公×ヒロインだったら、完璧なカップルだったのに(ぉ


しかし、父・岳人は
家に帰る途中、雪山で吹雪に出くわし
遭難して死んでしまった?


失踪した原因には、エフィドルグが絡んでたり
もっと深い事情があると思ったんだが

普通の災害事故だったのか

そうなると
ちょっと味気なさも感じてしまうが…

今回みたいな、クルル石関連の被害…でもないのよね?




ともあれ一方
敵だった自分には居場所が無いと感じ
皆の前から1人抜け出してしまったムエッタでしたが

それを後追いしていた由希奈が
クルル石の放つ冷気の影響で倒れこんでしまい

仕方なくムエッタが、人肌で暖めてくれることに(〃▽〃)

これはキマシタワー!状態


てか、この作品
女性同士の絡みは多いけど
男女間では、あまりこういうラッキースケベ展開やらないよね

温泉での鉢合わせハプニングも
今回と同じく、ムエッタと由希奈だったし


テーマ : クロムクロ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード