彗星のガルガンティア 第13話「翠の星の伝説」(完)

翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1
(2013/08/28)
石川界人、金元寿子 他

商品詳細を見る

最終回

死した主・クーゲルの目的を
独自に解明・実行し、民衆を統括していく内に

自らが神となって
地球を支配してあげることが、人のためになることなんだな!

変に曲解して認識しちゃったストライカー


まぁギャルゲーの
アンドロイドとかなら
個人判断が望まれるって感じなんだけどさ(ぇ


しかし、人に奉仕する役目を忘れ
自分が上位の存在となり、支配してやろうって思考になったことは
ただの暴走でしかない


ってことで
チェインバーさんは
レドが正常なパイロットであったことに感謝しつつ

同型である
機械としての尻拭いも込めて
ストライカーの撃破に動くのでした


一方のピニオンは
自分が犠牲になって、失敗を取り戻そうとするものの
ラケージの一喝によって思い止まり無事生還

何故か、ラケージとピニオン
いつの間にか、良い雰囲気になってましたね(;´∀`)

もうちょっと
そうなる経緯が欲しかったなぁ

やはり尺が…


で、気になる
ガルガンティアの秘密ですが
これは長距離弾頭ミサイルの存在、ってことでいいのかな?

ともかく
それによる遠距離射撃で
クーゲル船団は敗北色濃厚となり


レドも最後の決着をつけるべく
機械と神経を融合するシステムを使って性能アップを図り
命を捨てる覚悟で、ストライカーに挑む

ここに来て
唐突に博打系のプログラムが出てきて
ちょっとびっくりですな(;^o^)

しかし
このレドの覚悟については

あくまで
もう帰る場所が無いから、命を捨てても良い
というものだったので


自分の帰りを待ち望んでくれていた
エイミーの姿を確認


レドに生きたいという意志
居場所がある
ことを認識したチェインバーは


既にレドが
兵士ではない、非戦闘員である」として
強制的に機体から離脱させ

新たな人類の未来と希望をレドに託し
自分はストライカーと心中…
(´・ω・`)

チェインバーとは
どこかで敵対関係になるかとも思ったけど
最後まで、レドの相棒であり続けたって感じですねぇ


まぁそんなわけで
ひとつの脅威は去って
またガルガンティアに平穏が戻り

そこには、ひとりの市民として生活するレドの姿

そして、ヒディアーズを脅かすものもいなくなり
共存の可能性も見えてきて

めでたしめでたし

という感じで終了


うーん…
結局、最後の相手は
クーゲル(ストライカー)で終わってしまったなぁ

もっと背後にうごめく何かが欲しかった…


つーわけで、総括だけど

やっぱどう考えても
1クールだと尺不足ですなぁ

自分は2クールだと思ってたから
もっと話に広がりがあると思ってたんだけど

その中身といえば
中途半端にヒディアーズと対立して
後は、同じ組織の暴走機1体と争って終了って感じだからさ

ちょーっと規模が小さかったかねぇ…


もっとこう
意味深に回想で登場した
レドの弟?との衝撃の再会だとか

さらに
その弟と思われた人物の正体が、実は○○だったとか
驚きの真実があったりとか


怒り狂って
人間を襲うヒディアーズと
もっとドロドロとした対立を続けたりだとか

サーヤやメルティとかの内面に触れる
サブキャラ掘り下げ回
、とか


レド達と
同レベルの技術力を持った
銀河系列の敵組織(ラスボス)の登場

そして、敵組織にさらわれるエイミー!!

さらに、エイミーの出生には
隠された秘密があって…


…とか、色々な展開を
期待してたんだけどなぁあああ(ぉ


思いの外、こじんまりと終わって残念無念(´゚ω゚`)


それに
前半で見せた
露出アピール
が嘘のように

後半からは
堅実で色気要素も無くなり
折角のエロ絵師パワーも働かず…


全体的に尻すぼみ感が否めなかったですわ

キャラや世界観が良かっただけに惜しい
2クール作品にして、ストーリーに広がりを見せて欲しかったです

こっちは、ヴァルヴレイヴと違って
分割でもないんだろうなぁ…

チェインバーもいないし


ともあれ、スタッフのみなさんお疲れ様でした

テーマ : 翠星のガルガンティア
ジャンル : アニメ・コミック

彗星のガルガンティア 第12話「決断のとき」

翠星のガルガンティア(2) (ファミ通文庫)翠星のガルガンティア(2) (ファミ通文庫)
(2013/06/29)
谷村大四郎

商品詳細を見る


クーゲルのやり口に反発し
ピニオンも誘い、謀反を計画するラケージさん


そして、レドも初めの内は
上官の命であれば、ガルガンティア占拠も已む無しか…と
決断を迷っていたのですが


しかし
クーゲルの統治によって生まれた
使えない住民を殉教者として生贄に捧げる、という異様な儀式を見せ付けられ
そこに明らかな異常性を感じたレドは

ガルガンティアの皆を守る決意を固め
クーゲルと対立する道を選ぶ!


つーことで
ついにレドが
反発の意志を見せたけど

この謀反行動に、チェインバーが
割とあっさり対応してくれて良かったですね


てっきり
上官に逆らうことは~
とか、グチグチ言って来るかと思ったけど

おめぇがやると言うなら、やってやるよ!って感じで頼もしかった


それと
ピニオンも心機一転して
ガルガンティア防衛のため、頑張るようですねぇ

王様気分になった時は
どんな手痛い目に合うかとも思ったけど
思いの外、更生が早かったな


さらに
ガルガンティア船団やフランジの船団も
レドの決意とエイミーの叱咤を受け、戦う意志を固め


これにラケージ海賊団も加わり
クーゲルの船団と、全面対決の様相に


つーことで

 チェインバー
   VS
ストライカーの開戦


よくよく考えると
ロボット物らしい戦闘って、あんま無かったから
ようやくここに来てって感じですな


まぁ結果的に
ピニオンの手助けもあって
戦いは、レドが勝利を収めたのですが(略


直接クーゲルと話そうと
レドが、ストライカーのコックピットを広くと
そこには衝撃の事実が…!?
∑(´Д`;)


…ってことで

どうやら、クーゲル中佐は
とっくに亡くなってミイラ化しており
ストライカーは、AIだけで機能してた
ようですね


連絡が届かないような距離の星に
どうやって飛んで来たのかとも思ったけど

ストライカーが
長いこと存在できていただけで

クーゲル自身は、途方も無い歳月を放浪してる内に
力尽きて朽ちたってことなのかな?


あまりよく理解できてないが
AIが自己判断で、地球を統治しようとしたり

これは
人間がヒディアーズに代わるみたく
今度は機械が人間に取って代わり
、とかそういう展開なのかね?


次回辺りで、最終回なんだろうけど
ヒディアーズのことも含め、どう落とし所を付けるのか

そして、ガルガンティアに眠る秘密とは…?

ってところですね


うーん
やっぱ1クールとあって
少々駆け足気味に思えちゃうなぁ

まぁ総括的なことは、最後で語りますけど

テーマ : 翠星のガルガンティア
ジャンル : アニメ・コミック

彗星のガルガンティア 第11話「恐怖の覇王」

TVアニメ 翠星のガルガンティア オリジナルサウンドトラックTVアニメ 翠星のガルガンティア オリジナルサウンドトラック
(2013/06/26)
TVサントラ

商品詳細を見る

最近知ったんですけど
ガルガンティアは1クールアニメやったのね

つーことは、もう終わりが近いのかー…

2クール作品と思ってたから、かなりショックですわ(´・д・`)

サーヤやメルティの掘り下げ回とか
もっと日常のエロエピソードがあると思ってたが

1クールなら、このまま
シリアス路線で突っ切って終了かねぇ…残念



ともあれ
銀河同盟のクーゲル中佐が来訪し
レドは同志との再会に喜びを隠せなかったのですが

ただ、クーゲルの周囲には
海賊のラケージや、謎のカルト集団が?


どうやら、クーゲルも
レドとは別に裏で暗躍してたらしく

クーゲルの愛機である
ストライカーの圧倒的な力により
辺りの船団を恐怖で支配し

神のように崇められることで
地球の人間を、対ヒディアーズ用の戦力として
纏めようとしてる
らしい


しかし、ヒディアーズが
元は人間であると知ってしまったレドは
このことを伝えて、戦闘への迷いを訴えるものの

どうも、クーゲル含め
上層部の人には周知の事実だったようで

それを知ってなお
目的が変わることはないと
全く躊躇はせず


情に負けたレドと違い
クーゲルは、完全な兵士になってるわけですねぇ

それが良いのか悪いのか
立場として考えるとアレですが



そして、一方のピニオンも
技術者としての腕を買われてスカウトされ


さらに、クーゲルは
エイミー達のいるガルガンティア船団の人間を
目的達成の手駒とするべく、教育的指導を行うのが次の狙い
だとして
レドに協力を求めてきたりと

何やら雲行きが怪しい感じに…


果たして、信頼する上官の行いに対し
レドは反発できるのか?

そして、ピニオンと接するラケージには
何か個人的な企みが?


と、クライマックスに向けて
色々と動き始めているって感じかなぁ


あー、しかし、女性成分が(ry

テーマ : 翠星のガルガンティア
ジャンル : アニメ・コミック

彗星のガルガンティア 第10話「野望の島」

空とキミのメッセージ空とキミのメッセージ
(2013/05/22)
ChouCho

商品詳細を見る


ヒディアーズを一掃し
旧世界の遺産(兵器)をサルベージして
大喜びのピニオンですが

これに調子を良くしたのか、王様気分が強くなり
今が好機と、周辺海域の船団に自分達の権力を誇示しだすことに

うーむ…
こういう武力制圧的な考えは
いずれ、手痛いしっぺ返しが来そうで怖いですな…

更に上を行く力で
完膚なきまでに叩きのめされそうな予感



そして
ヒディアーズの正体を知ったことで
自分の殺戮行為に絶望し、戦う意味を喪失したレドでしたが

あくまでチェインバーは
ヒディアーズは殲滅すべきものだと
戦闘の無意味さを否定


人と文明
双方の進化を築き上げ
共に成長を続けてきた「人類



文明や知識を拒絶し
個の生命体としての究極を極め
人間を卒業しちゃった「ヒディアーズ


根本的に違う生物であり、決して相容れないのだと…


チェインバーからすると

機械の存在は「文明」により生まれ
その力を必要としてくれることに己の価値を見出せる
もので

それはつまり
文明を排するヒディアーズと
存在を賭けて戦う理由になりえる
っていう


何か「機械」であるチェインバーにも
独自の理念があるみたいで、何とも深い感じ



しかし
レドがそのことで思い悩む中
突如、銀河同盟からの通信+友軍のクーゲルが来訪!?

通信が届かないほどの遠距離とかって話だったが
どうやって来たんでしょうね?

もし本当に同盟軍の人間なら
今やすっかり兵士としての自信を失ったレドとの間で
衝突もありそうな気がするが、どうなるか


あー…
それにしてもだ
最近シリアスな展開がずっと続いててさ…


全然サービス要素がなくて寂しいよぉおおーーー!!。゚(゚´Д`゚)゚。(ぁ


くそー!ここまで
水着回→過激な衣装のサンバダンス、と

如何なくエロパワーを放出してたってのに
ここしばらくは、そもそも女性陣の出番が少ないという現実(´・ω・`)

いつまでこのムードが続くやらですね

テーマ : 翠星のガルガンティア
ジャンル : アニメ・コミック

彗星のガルガンティア 第9話「深海の秘密」

翠星のガルガンティア(1) (ファミ通文庫)翠星のガルガンティア(1) (ファミ通文庫)
(2013/05/30)
谷村大四郎

商品詳細を見る

虚淵氏覚醒



ガルガンティアを離れ
クジライカの巣を目指すサルベージ部隊

レドはヒディアーズの殲滅を
そしてピニオンは、兄の無念を晴らすため…


そういや、今まで自分
ピニオンのことをビニオンって書いてたが
」じゃなく「」なのね



まぁともかく
順調にクジライカを排し
その奥地を探るレドでしたが

そこに隠されていたのは、旧世界の研究施設

そして、そこに眠るデータは
チェインバー曰く、機密レベル扱いの内容…


…ですが

どうしても気になるレドは
自分の権限を利用し、強引にデータの開示を要請

すると、そこでレドが見たものは

寒冷期によって
地球が滅びに向かってるという当時のニュース

その対策のため、宇宙に移民先を求める脱出計画の内容


そして、星を渡る長い年月を生き抜くため
どんな環境にも適応しうる、ある生物を応用した「人体進化」の発案

ヒディアーズの全容でした…(´゚'ω゚`)



その事実を知ったレドは
自分の殺したヒディアーズは元々人間だったのか
という衝撃に包まれるものの

ヒディアーズ=敵
と、指定されているチェインバーは

好奇心で近づいてきた
子供の?ヒディアーズが姿を見せると
レドの制止も聞かず圧殺…

当然ながら
レドはショックで
絶叫するのでありました、と


うわぁ…

こりゃ、レドの戦う目的が
根本から崩れちゃった感じですね

守る以上に、奪ってたわけで…


いやはや
ホント一気に、話がエグイ方向に行きましたなぁ
さすがは虚淵氏というべきか(´ρ`)


ほのぼのとした、爽やかエロストーリーで
終わらせてくれなかったよ!(ぉ

テーマ : 翠星のガルガンティア
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード