ロボティクス・ノーツ ROBOTICS;NOTES 第22話「ここからは、俺たちのゲームだ」(完)

ROBOTICS;NOTES (通常版)ROBOTICS;NOTES (通常版)
(2012/06/28)
Xbox 360

商品詳細を見る

結構早めの最終回…深刻な尺不足?



ガンツクVSSUMERAGIの始まり

…ってことで
ここに来てようやく本格ロボットバトル


OPのイメージ的に
もっと戦闘があるのかと思ったけど
そんなことも無かったな


それにやっぱり
普通のロボットアニメのような
超技術によって生み出された戦闘用ロボットでなく

一般人の生み出した平凡なロボットなわけで
非常に淡白な戦いでしたが^^;


ともあれ、戦いの方は
海翔のスローモによる攻防
みさ希の意識を揺り動かす、あき穂の叫び

君島の除去プログラムの発動

これによって
みさ希は君島の呪縛を逃れて自我を取り戻し
計画も未然に防いで、無事に事件は解決したのでした


そして、その後海翔は
宇宙飛行士になる夢を果たしたとさ

めでたし、めでたし -完-(雑


つーわけで
爽やかには終わったんですけど
こうして見ると、瑞榎さんだけが報われなかったなぁ…

他の事が万事上手く行く王道な展開だっただけに
実は死んでなかった、でも許されそうな気がするのだが

何だか、最後は名前さえ呼ばれず
色々と扱いが残念だ



それでは総括の方ですが

うーん…
正直な所、ちょっと不完全燃焼ですねぇ


話が後1、2話程あれば
もうちょっと綺麗にまとまったと思うんだが

この22話という早期の完結によって
強引に収めた感が否めない

原作もこんな結末なんだろうか?



エグゾスケルトンの社長は不在だったし

重要そうだった愛理の存在も、最後は今ひとつな扱いだったし

君島が歪んだ経緯みたいなのもサッパリだし

あき穂の加速モード体質
特にこれと言って、何の意味もなかったし

昴と両親の和解もあっさりだし

失踪して行方が分からない
フラウの母親のこともスルーされた

瑞榎さんとは一体なんだったのか…?状態だし


どうにも描写不足は否めませんね


キャラクター自体は面白かったんですが
全体の流れとしては尻すぼみで

同じシリーズである、シュタゲと比較すると
ハラハラ感やドキドキ感でも
見劣りしてしまうかも

何とも勿体無い作品だったかな

ともあれ、スタッフの皆さんお疲れ様でした

テーマ : ロボティクス・ノーツ
ジャンル : アニメ・コミック

ロボティクス・ノーツ ROBOTICS;NOTES 第21話「ガンヴァレル発進!」

咆筺のメシア(完全生産限定盤)(DVD付)咆筺のメシア(完全生産限定盤)(DVD付)
(2013/03/13)
HARUKI

商品詳細を見る

クライマックスムード全開



君島の計画阻止のため
みさ希の駆るSUMERAGI戦の対策を始める海翔達の前に
ゲジ姉と共に再び現れたAI君島


しかし、ゲジ姉の中に
愛理としての意識があったからなのか

君島の指示に反する行動を取り、消去されることに…

うーむ
わざわざ、みさ希が解き放ったから
何かしら大役があるのかと思ったんだけど

愛理と通じ合っただけで、出番が終わってしまったな
AI愛理だった頃の記憶の明け渡しみたいな意味があったんだろうか?


…ってか
生身の愛理も普通に同行してるんだが
苦痛を伴う、不治の病ってやつはどうなった?

アレは、君島が実験をするための
でっち上げ設定だったのかね?

特に寝てる必要があるって印象でも無いし
結局の所、どうなんでしょ?



一方、海翔が
エグゾスケルトンの社長から託されていた、とある装置
それは、強制的にスローモを引き起こせるという代物でした


つーわけで
今回の作戦に必要な、対SUMERAGI戦では
それを使わないと性能差で勝利できないだろうって話ですが

どうもその装置による発作は
海翔の体に多大な負担を強いるようで
あき穂は当然否定的…

が、あき穂とみさ希を合わせるために頑張りたいと言う
海翔の強い決意の前に折れ、スローモの発動スイッチを受け取る、あき穂でした

さらに最終決戦を前に
あの海翔から、まさかの
あき穂への告白&キスという展開になり

ここに来て、正式なカップルの誕生に!?∑(´д`*)


いやー
あっさりフラウのフラグ折れたなぁ^^;
恋するまでの過程に、やたら力が入ってたのにさ

失恋の認め方も
その他大勢のギャラリーの1人ってくらいの
サラッとした軽い扱いだったし

あの過激なフラグ立てとは
一体なんだったのか(;´∀`)

しかも、ちゃっかり
昴も撃沈してるという(笑


で、いよいよ決戦だけど
どうやらこの作品、全22話ってことらしいので
次回が最終回っぽいですねぇ

えらい早く感じちゃうな


そういやさ

海翔のスローモは
戦闘に活かされたり、窮地を脱することに利用できる結果になってた
あき穂の加速モードは、何にも使われんのかね?

これまで役に立ったことあったっけ?(ぉ

テーマ : ロボティクス・ノーツ
ジャンル : アニメ・コミック

ロボティクス・ノーツ ROBOTICS;NOTES 第20話「今でもロボットが好きですか」

海風のブレイブ(期間生産限定アニメ盤)海風のブレイブ(期間生産限定アニメ盤)
(2012/11/07)
fumika

商品詳細を見る

ここに来て
みさ希の性格変貌の訳が発覚しましたね



海翔とあき穂が巻き込まれた、あねもね号事件
それを引き起こしたのが、例によって君島だったのですが

その陰謀に
いち早く気付いたみさ希が
それを阻止しようとして、彼を殺してしまい

結果的に、そのネタで
AIの君島から脅迫されることになって
海翔やあき穂を守るため、已む無く300人委員会側に付いた、と

そういう事情があったんですね

その上、君島の処置を受けた人物は(?)
思考を乗っ取られてしまうのか

みさ希は、愛理と同じく
自分の意思とは無関係に体を操作されてた
模様

つまり、不可解な行動の大半が
君島操作によるものであったってことだが

その中には
自意識を戻した瞬間の行動とかも
ちょいちょいあったんかな?

あまり区別が付かないけど



いやーしかし
ここまで本格的に
君島がゲス野郎だったとはなぁ…

(愛理の)過去回想は
美化されすぎってレベルじゃねーぞ!的な^^;


でも、これを知ったおかげで
あき穂達が戦う理由もはっきりしたわけで

余裕綽々な態度を取り続ける
君島の鼻を明かす時が、待ち遠しくなってくるってもんだべ

果たして
あき穂達は、世界を救い
姉も助けることが出来るのか!?

対300人委員会に向け、仲間達も集結し
決戦に向けての準備が始まる!


ってことで
ロボ部も一同勢揃いしたんだが

案外昴が、いつも通りな感じでホッとしたわ
出歩けないレベルかと思ってたからさ


まぁ何はともあれ
ここからの反撃展開に期待ですな

テーマ : ロボティクス・ノーツ
ジャンル : アニメ・コミック

ロボティクス・ノーツ ROBOTICS;NOTES 第19話「夢なんて、持たなければよかった」

タイトーくじ本舗 ロボティクス・ノーツ E賞 デフォルメフィギュア 神代フラウ 単品タイトーくじ本舗 ロボティクス・ノーツ E賞 デフォルメフィギュア 神代フラウ 単品
()
不明

商品詳細を見る

黒幕登場




パワードスーツで超人化し
ご乱心状態の、みさ希

どういうことなのか
展示会場のロボットを全て破壊して回り
辺りは阿鼻叫喚の渦に!?
∑(゚Д゚;)

そして、ついには
あき穂の夢である、ガンつくも破壊され…(´・ω・`)

うーん…
どうも、みさ希は
300人委員会側の人間だった
のかな?

カゴメの歌と、妙な組織との絡みもあったし

でも、何でそっち側についたのかが
これまた謎であるが

ともあれ
次第に物語はホラーっぽく…

…というか
同シリーズの「カオスヘッド」っぽい
展開になってきましたね

実の所、各地の住民達は
幻覚作用装置によって、視覚を操作されてたとかさ

つーか自分も
どこまでが本当で
どこからが幻なのかとか、混乱してるんだが^^;


とりあえず
展示会場にいた、みさ希は幻で
本物は、別行動を取って、JAXAを占拠していた



そんで、エグゾスケルトンの社長さんの言葉から分かった事は

太陽嵐の影響で起きた事故は
全てガセネタ
であり

ポケコン?は、幻覚を起こさせる端末的なもの

さらに、事件の黒幕は
居る夫。を介したレポートで散々注意を促していた

あの君島本人だった、という事実∑(´Д`;)



そして、そんな彼が
愛理に接触を図ったのにも
やはり裏があったってことで

その真の狙いとは
自分の記憶や人格を、居る夫。の内部に移し
ネットワーク上に生きる永遠の存在になる
というものであり

愛理はその実験媒体でした、と


はーん、なるほどねぇ
瑞榎さんが、愛理の消滅を願ってたわけは
そこに繋がってくる
わけかな

君島のAIが潜んでるからっていう


つまり、瑞榎さんは
最初の内から君島が黒幕と知っていて
だから海翔に、君島には関わるな
と言ってたのかな?


まぁそうなると
そこまで事情に詳しかった
瑞榎さんのポジションが気になるんだけど

転落事故の直前に鳴ったカゴメの歌には
そんな訳知りな反応はしなかったし
元・300人委員だったとかでは無いっぽいが

テーマ : ロボティクス・ノーツ
ジャンル : アニメ・コミック

 ロボティクス・ノーツ ROBOTICS;NOTES 第18話「そこに本物のガンヴァレルがいます!」

海風のブレイブ(期間生産限定アニメ盤)海風のブレイブ(期間生産限定アニメ盤)
(2012/11/07)
fumika

商品詳細を見る


東京でのガンつく2展示のため
搬入作業を行い、宿で一泊することになったのですが

何と、ホテルで同室になった海翔とあき穂(*´Д`*)

そして、そんな状況で
瑞榎さんの死に苦しむ海翔を支えたり
フラウにヒロインの座を奪われ気味だったあき穂にも
ここに来て、光明が!?(ぇ

うーん…でも、もうちょっと
色っぽいハプニングが欲しかったかなぁ…(´・ω・`)

2人きりのホテルという
最高のシチュエーションなのに
ほとんどドキドキする描写がなかったやん!(ぉ

そこは、ダブルベッドに緊張して
寝るに眠れず、初々しく照れまくる2人の就寝シーン
が必須だろう!!(〃*`Д´)

フラウの時は
かなり大胆な密着+キスで迫ってたし
まだまだ甘いな(何



で、そんな中
同じくロボット展示会にみさ希が来ると知り
一足先に接触を図った海翔でしたが

瑞榎さんの死や、君島に関しての情報や
あき穂のことを聞いても、言葉少なで反応は薄く…


一応、瑞榎の死に対しては
複雑な気持ちを持ってそうですが
頑なに冷たくする理由は何なんでしょうかねぇ?



そして、展示会の当日では
あき穂がガンつく2の成果を認めてもらいたいと
会場に来ていた、みさ希の元に向かったのですが

そこで見つけたのは
全身をパワードスーツで包んだみさ希

何かその時点で怪しかったのですが
さらに、あき穂の呼びかけに静かに受け答えするだけで
一切こちらを振り返らない、これまた妙な態度…

しかも、そこに何故か
エグゾスケルトンの社長さんが駆けつけ
みさ希を威嚇し、銃口を向けた!?∑(゚Д゚;)

一体何が起きているのか?

顔を一切見せなかったが
このパワードみさ希は、本物なのか?

何故社長さんは、銃撃を行ったのか?

相変わらず、みさ希の立ち位置が
良く分からないですねぇ…


そういえば今回
本体の愛理が登場してましたけど
さすがに、居る夫。の記憶は無いようですね

というか、病気の方はどうなんだろ?
治療法の発見を願ってコールドスリープしてたわけだが
医療技術的にOKになってるんだろうか?

そんな時間経過してないから、まだ無理っぽいか?

テーマ : ロボティクス・ノーツ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード