鉄のラインバレル 第24話「鋼鉄の華」(完)

鉄のラインバレル Vol.5 [DVD]鉄のラインバレル Vol.5 [DVD]
(2009/04/22)
柿原徹也能登麻美子

商品詳細を見る
まさに王道、大・団・円!!!!


絵美をやられ、殺意の波動に目覚めた浩一は
最終進化型ラインバレルでマサキに挑みかかる

ところが、さすがにラスボスだけあって簡単にはいかず
渾身の一撃でも倒すことはできなかった…

で、その窮地を救うのは…全裸絵美の幻!!!!(ぉ
アングルが色々やばいんですけど(笑

絵美のおっぱ…じゃなくて
優しい「最低です」によって、浩一の殺意が勇気へとモードチェンジ
それに呼応するように仲間達もパワー全開

そして、ついに浩一はマサキを倒したのだった!!…完

…と、あっさりは終わらず、さらなる危機が浩一達を襲う
浩一達の世界と、向こう側の世界が衝突しようとしていたのだ!

王道的な感じで、世界崩壊の危機というやつですな
つーか、マサキ自身の出番はもう終わったのかよ^^;

特に最後の負け台詞とかなかったなぁ…
感情によって生まれた力で負けたってのを言葉にして欲しかったが
「ど、どうしてこんな力が…予測不可能…」みたいな(ぉ

衝突を避けるため、浩一が死ぬ覚悟で中心地へ飛び込み
さらに仲間達も、マキナの全エネルギーを浩一に託すという命懸けの策を…

みんなの思いを乗せて、元凶を打ち破った浩一
これによって世界は救われる…が、力を使い果たした彼らは

…とか思わせといて、やっぱりみんな生きてましたという
これまたヒーロー物の王道!!(;´∀`)

何か途中でよく分からんキャラとすれ違ったけど
どうやら原作側で出た読みきりキャラらしいなぁ…、意味不明だったけど

で、最後は地球に帰還する浩一と絵美がいい雰囲気見せて
決まり文句の「最低です」で終了

うーむ、とは言ってもキス結局しなかったなぁ…
最後くらい締めとしてやって欲しかった…(´・ω・`)
サブヒロイン達はちゃんとキスを奪ったというのにぃ(シズナ以外)

結局恋愛問題は決着付かなかったな
それならそれで、修羅場オチにして欲しかったんだが(ぇ
linbareed++.jpg

つーことで、最後のほうは王道すぎるくらい王道でした
当初の浩一の性格に、いきなり切った人も多そうでしたが
まぁ後半は順当に正義に目覚めたという感じで、熱血ヒーローものになったかな

ただ、捻りというものが王道展開によってなくなったのも事実
いつの間にやら勧善懲悪スタイルになったというか…
その辺が残念かもしれんですね

自分的には、エロ要素が随所にあったのが良かったんだけど(ぉ

さてラインバレルも終了か、スタッフのみなさんお疲れ様でした!

テーマ : 鉄のラインバレル
ジャンル : アニメ・コミック

鉄のラインバレル 第23話「死に方が決める生き方」

TVアニメ 鉄のラインバレル ドラマCD Sound Plays 1TVアニメ 鉄のラインバレル ドラマCD Sound Plays 1
(2009/02/04)
ドラマ影山ヒロノブ

商品詳細を見る
最終決戦の始まり!!
戦いの最中加藤が…、そして絵美も!?


セントラルとの戦いへ向け、着々と準備を進める加藤機関とJUDA
そんな中、浩一は絵美に加藤との会話を持ちかけようとするが
まだ気持ちの整理が出来てないと、これを拒否してしまう
これで会話らしい会話が出来ずに終わってしまったが…

いよいよ侵略が開始され、地球にはスフィアによるシールドが展開
スフィアってそういうものだったのかぁ…
って、マサキはそれと知りつつ手伝ってたのかなぁ?
まぁ破り方も知ってたんだろうけど

つーことで、そのマサキの来襲によって早くもシャングリラピンチΣ(´Д` )
そこで加藤は、特攻という最後の切り札であっという間に撃沈(  Д ) ゚ ゚

は、早い(笑
もうちょっと、ギリギリの見せ場が欲しかったなぁ加藤さん…
作戦開始と共に突撃ってどうよ?^^;
普通はもうこれ以上策が無いって程、みんなが追い詰められた時とかなんだけどなぁ…
気持ちが盛り上がる前に死んで、少しガッカリな終わり方でした

そして、そのことで怒りに燃え突進する浩一
我を忘れて行きそうと思っていたが、森次さんがバックアップで援護する形になって
かなり冷静になれたかな?

その頃地上では、セントラルが人間達を回収をしていた…
理沙子も巻き込まれそうになるが、ここでジャックと矢島が登場!!
これなら好感度アップだ!!(何

他のメンバーも消耗戦を強いられながら何とか戦い続ける…
イズナは色々とやばい事になってますね^^;
戦い後にユリアンヌの「イイ事」が待ってるから、イズナは耐えられるんだ!!(違

一方、マサキと対峙した浩一
浩一という存在に興味を持って監視を続けていたというマサキだが
結局何も得られなかったと、降伏を命じてくる…

…って、なんでここで回収された降矢の裸体シーンが(´ρ`)
どうせなら女性キャラにしとけよーー!!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

降伏勧告に対して、絶望的な状況にあったメンバーからは諦めの色が出始める…
しかし浩一はそれでも諦めることなくマサキに挑みかかる!!

正義というものに対して再三問われてきた浩一だったが
今回マサキに突っ込まれて返した答えは
カッコイイから」ということだった^^;

まぁ確かにあれこれ理屈を語るより、単純にその方がいいじゃんってのは
シンプルでいいのかもですね
結局は正義ってのも人それぞれで変わるものだし

ってことで、美海が浩一にやばい位に惚れそうな雰囲気を見せ(ぉ
他のメンバーも次第にやる気を取り戻し始める!!

よっしゃぁ!!!乗ってきたぜぇええ!!!これから反撃だーーー!!
…と思ってたら、いきなり絵美がマサキに貫かれるという大惨事が!!Σ (゚Д゚;)

本当の正義の味方になって下さい…
いつか聞いたような言葉を残して倒れた絵美
そのショックから浩一は、ついにラインバレルを最終進化系へと覚醒させる!!

つーことで、ラインバレルも最終回を残すのみか…
何だか次回予告で森次さんが危なそうで気になったが
果たしてみんな無事でいられるのだろうか?

さすがに最後の予告は「最低」をネタにしつつも
聞きたくても聞けない浩一の心情だっただけに、素直に共感できる突っ込みでした(´・ω・`)
「最低」という言葉を絵美から聞ける日は帰ってくるのか!?
次回に大いに期待しております!(そこか

テーマ : 見たアニメの感想
ジャンル : アニメ・コミック

鉄のラインバレル 第22話「鬼を喰らうモノ」

鉄のラインバレル 城崎絵美 抱き枕カバー鉄のラインバレル 城崎絵美 抱き枕カバー
(2009/03/11)
不明

商品詳細を見る
森次さん達の目的が判明、そして恋愛戦線にも動きが?


サトルに対してフラグを立てる気かと言わんばかりに
カッコよく救援に訪れた浩一だったが、相手は森次
ラインバレルモードBでさえ太刀打ちできず…

しかし、それも全ては浩一の成長のためなのか
致命傷を避ける攻撃を続け、やたらと挑発する森次

で、作戦通りといった感じに浩一がラインバレルの
真価を引き出すことに成功したのを確認すると…

森次さん「モードS(爽やか)」に!!(何
工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工
何か急に、教官みたいになってるーーー(笑
「よくやった!」って^^;
kyousiai+.jpgそこには熱い青春の物語が(ぇ

そして、その後突然姿を見せた加藤と対峙することになったJUDAだったが
驚くことに加藤の口から出た言葉は、共同戦線を張り「向こう側」から来る
侵略者と共に戦おうというものΣ (゚Д゚;)

何かそっちの世界の人間は、みんなマキナ化しちゃってて
感情みたいなのが無い機械的な存在になってるらしく
最終的に世界全部そうしちゃおう的な感じに攻めてくるんだそうな

で、それに対抗していたのが絵美と加藤の親父さんで
親父さんを加藤が殺すことになったのも、危険分子とみなされていた父を殺すことで
敵の信用を得て内部に入り込むための苦渋の決断だったと…

どうやらマサキは根っからのそっち世界の人間だったみたいですな
つーことは、マキナ化されてるのかねぇ?
何かマキナ化否定されまくりなんだけど、ジャックは?^^;

JUDAと加藤機関、お互いに因縁深い関係で
素直には受け入れがたい部分があるものの、世界のためにと協力することに…
手を組んだ途端にアットホームな雰囲気になったな(笑

そんな中、森次の石神殺しの理由も判明
フラッグ起動には元々誰かがそのシステムそのものになる必要があったそうで
加藤とは別路線で世界を救おうとした結果、石神が選んだ道ということらしい

で、森次は普通に汚れ役を買って出たポジションでした、と
うーむ、でも石神殺しの後サトル達に銃で反撃したのは何故?^^;
まぁ裏切りを強調したってことなのだろうか?

一方、家族からの呼び戻しもあってJUDAから離れることになった理沙子
これは浩一諦めに繋がるのか、はたまた去るだけなのか…
美海の見送りが、いかにも敗者達のそれっぽくてなぁ

つーかジャックも見送ってたが、結局理沙子と会話は何一つなかったな^^;
あ、矢島もね(ぉ

メインヒロインを飾る絵美は、やっぱりいい雰囲気になると邪魔が^^;
つーことで、敵さんの来襲がありそうってとこで終了

いやー、ここまで来て一気にみんな仲間だった展開になるのは唐突で驚きですが
加藤自身が敵くさくなかったし、不思議ではないのかねぇ

で、何か予告がシスコン加藤さんの最低祭りなんだけど(笑
でも内容は非常にシビアっぽいすなー
あんだけ仲間が増えると、つまり死ぬ人物(主に加藤側
がいっぱい出そうだものなぁ…サブタイからしても

テーマ : 鉄のラインバレル
ジャンル : アニメ・コミック

鉄のラインバレル 第21話「狂気の翼」

鉄のラインバレル Vol.5 [DVD]鉄のラインバレル Vol.5 [DVD]
(2009/04/22)
柿原徹也能登麻美子

商品詳細を見る
原作を読んだ人達がよく話題に出してた森次の過去が公開
まぁ全体じゃないのかな?ドラマCDがでるらしいし、ダイジェストな感じか

意外にも過去の森次は、暴走気味だった浩一と同じような思想を持ってたようで
自分の力は天が与えたものだとして、結構無茶苦茶に正義を執行してきてた様子

ところが、自分が正義と思い振るった暴力が結果として悪いほうに作用し
唯一の肉親だった姉さえもその報復という形で殺されてしまうことに…

何気に過去の桐山って、普通に森次さんを勇気付けるナイスガイだったのね
これがあんな逝っちゃった系になったのか(;´Д`)
時間の流れとは残酷なもの(ぇ

で、自暴自棄になった森次さん、何故かいきなり崖下にあった剣で串刺しにΣ (゚Д゚;)
一体何なんだ?あの上手いこと配置された剣は^^;

まぁその後、森次に手を差し伸べたのが加藤だったようだが…
結局森次さんがどういう風な考えに至ったかは不明?

その頃フラッグに搭乗していた特務室メンバー
つーか、ホログラム石神は完全にリアルタイムで動いてるだろ(笑
都合が悪いとエラー出すとかって、たち悪いな^^;

ラインバレルBモードによる体への影響がないか検査するためにと
絵美と美海のダブル脱がしっこアタックで身ぐるみを剥がされる浩一!!
くそぅ、検査するなら逆の方向で(おい

しかしすっかり美海も、浩一の愛人ポジション取れそうな感じになったな(ぇ
特に恋愛には決着付けないかもしれないなぁ、これは

で、そこに混じりたがってた理沙子をカッコよく送り出した矢島
これで好感度上げたぜ!!と、ナルシスト風味だった矢島だが
今時の子にそんなの通用しないよ、とグサリとダメ出しが(笑
大分メッキが剥がれてきたな^^;

シズナもキス騒動には怒ってはいたけど、どうかなぁ…
果たして絵美より先にキスをゲットできるのか!?(ぉ
いい加減シズナを弄くって欲しいぜ
まぁ意識してるシーンがあるだけマシかぁ

密かにそのことでイズナが、「周りが自分達を置いて大人に…」とか言ってたが
おまえさんはマリアンヌに「ピー(隠語)」なことされたんじゃ無いのか?(ぉ

一方加藤機関では、スフィアの起動を行っている裏でマサキが暗躍し、桐山を復活させる…
一応宗美は生きてはいたみたいだなぁ、すぐ利用されてたけど

その頃、サトルは単身森次の下へ…
そして石神殺しの件や、自分呼んだ目的を聞くが
返ってくる答えは、そうする必要があったという簡単なもの

サトルはJUDAや石神には恩があると、その冷たい返答に納得いかず戦うことを決める
あっさり裏切るとかじゃなくて良かったな

そして、救援に向かった浩一だったが
そんな時に復活した桐山が、フラッグの下へ強襲をかけに来る
当然ながら加藤のゆかりの知らぬところみたいだけど

浩一をサトルの下に向かわせ、桐山は道明寺達が引き受けることに

なんかマサキの実験の成果か無駄にパワーアップしたっぽい桐山
アイアム正義!アイアムジャスティス!
ってな感じに、はっちゃけまくる桐山だったが
結局そのパワーの暴走によって自滅

何だか、最後まで親友である森次のために戦ってたって感じが切ないですなぁ
浩一で言うとこの矢島のようなポジションだったようだし

その頃、森次に太刀打ちできず打ちのめされていたサトル
必死に森次に正義に対する思いをぶつけようとするも
全く相手にせず、サトルに止めを刺そうとする…
そんな危ないところで浩一が駆けつけ、森次と対峙することに

なんかここまで容赦無いと、生かす気とかさらさらなさそうだなぁ^^;

次回予告は、JUDA恨みまくりっぽい森次さん^^;
離反の理由がそれだったら酷いな(笑

まぁ次回で、いい加減その行動の真意が知りたいとこだのぅ
過去の後悔のシーンだけだと何ともね
MORISHO.jpg

テーマ : 鉄のラインバレル
ジャンル : アニメ・コミック

鉄のラインバレル 第20話「運命の男」

鉄のラインバレル DJCD 鉄のラジオバレル Vol.1鉄のラインバレル DJCD 鉄のラジオバレル Vol.1
(2009/02/25)
ラジオ・サントラ

商品詳細を見る
前回の戦闘で加藤機関の作戦を阻止できず、
挙句に絵美に良いとこ取りされた美海は、落ち込んでマキナを上手く扱えなくなってしまう…

加えて、それぞれのヒロインが浩一の好感度ポイントを上げ
焦った美海は、浩一褒めちぎり作戦に出るが浮き過ぎて自爆
去り際に「また来週」って(笑
アニメだから間違いはないけど^^;

しかーし、女を口説くプロフェッショナル浩一は(ぉ
落ち込む美海に声をかけ励ます、すると気持ちが昂ぶった美海からキスが!?
ぬぉおおお!!理沙子と美海に唇奪われて、密かに絵美は遅れをとってるぞな^^;
つーかシズナはもう完全に蚊帳の外ですか、そうですか(´・ω:;.:...

そんな時、突然加藤機関の襲撃があり
美海はある決意を固めて浩一と共に出撃する事を決める…

しかし、敵の中には国連の部隊が混じり思うように戦えず苦戦気味
さらに美海は宗美のドSっぷりに苦しめられ
体の修復能力も上手く働かず大ピンチ状態!!

戦いの中浩一は、宗美達に加藤の計画に加担する訳を聞く
まぁ元々宗美も正義心が強かったけど、妻が何かの事故で死んだことで
やってられっかーみたいになった模様(ぉ
つーか、普通にサラリーマンっぽい過去姿にちょっと吹いた(笑

浩一が単身で戦い傷つく姿を見た美海は
浩一を守るためにと自爆覚悟でマキナを暴走させ、宗美に特攻をかける!?

演出的に見て、あーもう美海死んだよこれぇ…
と思っていたが、そこは正義の味方浩一!!!
絵美の力も無くラインバレルモードBになり、しっかり自爆を阻止!!

モードBになって、ダブルオーライザー並の機動力で(ぉ
敵を圧倒し、宗美を撃破!!…死んだのかな?
何か途中、浩一の表情がテライケメンチックだったな(笑

加藤機関は撤退し、心の霧が晴れたのか美海は元の力を取り戻す
浩一に惚れまくる形になった美海は、セカンドキスもプレゼントΣ(´Д` )
シズナもキス争奪に参加しよーぜぇ(ぉ

そんな中、石神さんがちゃっかり拝借したという「フラッグ」を起動させたJUDA
石神さんのホログラムパターン色々あるなぁ^^;

ところがそんな盛り上がり所で、ひとり森次の手紙を手にJUDAを出て行くサトルの姿が…
うーむ…森次の下に行くんですかね
何と言うか、敵味方の異動が多いですなぁ(ぉ

つーことで、死亡フラグを回避した美海
しかし、ここから前向きになるってーとライバル続行かな?
シズナスポット回も欲しいけど話数がなぁ…(そればっか

テーマ : 鉄のラインバレル
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード