FC2ブログ

ドラゴンボールZ KAKAROT クリア後 その11 サブ巡り


絶賛攻略中の

PS4「ドラゴンボールZ KAKAROT

現在は、クリア後のサブ巡り

意外と用意されたサブストーリーや
残った凶敵も多くて、まだまだ楽しんでおります

残ってるのはサブばかりなんで
メインのように、フルボイス会話を堪能できないのが
ちと寂しいけど
(´・_・`)


てか、サブ要素の中に

一度倒したキャラの蘇生+戦闘 → コミュボード(サポートキャラ)入り

っていう
かつて敵だったキャラを改心させて
味方に引き込む
、みたいな要素があるんですけど

さながら
ドラクエ気分ですね^^;

まぁあのフリーザすら共闘するようになってきた、最近のDBなんで
そこまであり得ない展開とも言い切れなくなってるけど

しかしやはり
こいつ復活させるのは
ダメなんじゃね…?


と思わないこともない

にしても今作は
RPGという体ではあるけど

クリアデータの引継ぎとかはないっぽいですね

まぁドラゴンボールは、強さインフレが凄まじいからなー

仮にステータスを引き継いだ日には
ラディッツ辺りならワンパンKOしちゃえるだろうし
(笑


でも、強さのバランスがぶっ壊れない程度の
金やアイテムの引継ぎとか、コミュボードの恩恵(経験値2倍)とか
そういう引継ぎは欲しいよなー

なにやら追々「タイムマシン」による
過去への遡り(イベント見逃しの回収等)が実装されるそうだが

それを利用して
アイテム持越しのストーリー攻略とかできねぇかな?

テーマ : ドラゴンボールZ
ジャンル : ゲーム

ドラゴンボールZ KAKAROT クリア その10 ブウ編完結 DBZ再現ゲームの到達点



絶賛攻略中だった

PS4「ドラゴンボールZ KAKAROT

クリア(ブウ編完結)しました

ということで最終決戦の見所は
ベジット戦、純ブウとのラストバトル、最後の元気玉作り、ですね

ベジットのムービー演出は
ゲームのオリジナルっぽさがあったけど

アニメでやってた「鬼滅の刃」と同じく
原作はここまでグリグリ動いてねぇ!」ってくらいに
アクションの吹っ切れ具合があって、見てて爽快でしたねぇ


ただ、ここで残念だったのは
ブウ体内での描写は全カットだったこと(取り込まれた次の場面で、すでに仲間救出を終えている)

悟空&ベジータによる悪ブウとの体内バトルとか
善ブウを引っこ抜く「それは取ったらダメだー」ってシーンが無いのもそうだけど

永遠に解除されないはずのポタラ合体が
ブウの体内では無効化され解けてしまうっていう件までカットされて
しまって

そのため

あれ?なんで体が2人に戻ってるの?

という、原作を知らない人からすると
何の説明もなくポタラ合体が解けている突拍子もない展開に…

うーん、そこの再現は
それほど複雑じゃないように思ったが
ブウ体内のステージを作るのが大変だったのかな?^^;

そして、純ブウとのラストバトルですが

原作通りだと
悟空の元気玉が仕上がるまでの
ベジータの時間稼ぎで、ブウとの直接対決が終わってしまう
から

そこは
元気玉の制作中に、ブウと悟空が、ザ・ワールド的な次元で戦うという
オリジナルのバトルを間に一つ挟んでましたね^^;

まあそうでもしないと
ラスボス戦が、ベジータで完結になっちゃうからな(笑

でも元気玉が出来上がるまでの工程
細かいとこまで、しっかり再現されてて素晴らしかったです

やっぱサタンは救世主やで


いやーしかしホント
今作は、DB好きな人には神ゲークラスの作品でしたねぇ

原作再現率の高さゆえに
ここは再現されてないのかー」と
細かいとこが気になったりもしましたが

DBZの再現ゲーとしては
間違いなく、歴代最高峰の仕上がりになってる
と思います


まぁ不満というか
問題点を挙げるとしたら

対戦型DBゲームと比較すると
さすがに戦闘システムは、シンプルすぎて、やや見劣りする
って感じですかね?

スパキン」とかだと
コンボの組み立てを楽しんだり
原作の動きを再現した必殺技が多くて、演出的にも見応えがあるけど

今作だと
「腹パン」や「ハンマーナックル」
似通ったモーションの攻撃が、共通の必殺として設定されてたり

その他だと
気を放つ系の必殺が主体になるんで
どうしても大味感が出てしまうというか

同じ行動の繰り返しになって
やや単調になりがち

「料理・食事」も超重要みたいに言ってたけど
ほとんど食わなくても、それほど支障なかったしさ^^;

まぁ小難しく考えないでもクリアできるというのは、人によっては利点かも


ともあれ
本編は終わったけど
クリア後のサブイベや、やり込みがあるようなので

もうちっとだけ続くんじゃよ、という所

それに追々
追加シナリオのDLC配信予定もあるそうで

果たしてそれは
アニメや原作から引っ張ってくる内容なのか
それともオリジナルのシナリオなのか?

個人的には
バーダック編」と「地獄の未来トランクス編」が
一番密接に原作と絡む補完シナリオだから、それじゃないのかなーと思ったりもするが

それか、クリアした現状では確認できてない
原作の最終回となる、数年後に出会う、ウーブ(転生ブウ)関連とか?

どうなんでしょうかねぇ


テーマ : ドラゴンボールZ
ジャンル : ゲーム

ドラゴンボールZ KAKAROT プレイ中 その9 ベジータ散る!!



絶賛攻略中の

PS4「ドラゴンボールZ KAKAROT

現在は、ブウの復活 → ベジータ自爆 →アルティメット悟飯登場、まで

ということで
ブウとの戦いが本格スタート

その過程で
バビディの部下、プイプイヤコン
ゲームの敵キャラとして初登場(?)しました

ただ、プイプイは元より
ヤコンも折角敵として出したのに

光(スーパーサイヤ人の気)を吸うヤコンの戦法に対し
悟空がスーパーサイヤ人2レベルの膨大な気を瞬間的に放って
一気に吸わされたヤコンが大爆発!


っていう、あの展開がなかったのは残念

あれを見たことでベジータは
また悟空との力の差が開いたことを悟るわけで


それとあと
これも贅沢を言うならって話だが

悟空 VS 魔人ベジータにおける
ベジータの苦悩と葛藤の独白イベント
ボタン押しで読み進める、通常の会話進行だったんで

できればここは
ムービーで表現されてたら嬉しかったなぁ、と

ただ良かったのは、ここのシーンの演技が
ちゃんと原作通りの感情を爆発させた叫びになってたことかな

昔の俺に戻りたかったんだぁああああああああー!!(ドォオオオオ

って感じで

なんでか
歴代のDBゲームだと
昔の俺に戻りたかったんだ…!」くらいのテンションで
やけに淡々とクールに語っちゃうんですよね


そして一方の
ベジータの心中自爆(ファイナル・エクスプロージョン)については
ホントに文句の付け所がないですね

最後に父親らしく
息子のトランクスを抱かせてもらうシーン
から
家族や悟空に別れを告げ、灰になって散って行くとこまで
フルムービーで表現されてて最高の演出でした

思わず涙腺ゆるんじゃったYO!。゚(゚´Д`゚)゚。


そして、そこから

スーパーサイヤ人3、フュージョン、サタン&ブウ

と、色々なイベントが盛り沢山

ここで残念だったのは
フュージョンの失敗がなかったことかな?^^;

あと
ブウサタン&ベエ(子犬)のやり取りが
しっかり再現されてただけでも、十分に感動モノでしたけど

動物愛護なんちゃらの都合なのか
猟奇犯にベエが撃たれるシーンはカットされてましたね
(今作だと、サタンだけが直接撃たれる)

ベエが撃たれたことに怒ったサタンが、猟奇犯をボコるシーン好きだったんだけどな

一般人としては
ちゃんと格闘チャンピオンなんだなーと
感じられる一幕でもあるし

テーマ : ドラゴンボールZ
ジャンル : ゲーム

ドラゴンボールZ KAKAROT プレイ中 その8 ブウ編開幕


絶賛攻略中の

PS4「ドラゴンボールZ KAKAROT

現在は、ブウ編が開幕


ということで
セル編から7年後のエピソード
原作最終章となるブウ編が始まりました

悟飯も成長し青年となり
学生としてオレンジハイスクールへ通学と

この辺の日常シーンが見られるのは
世界や街を好きに歩けて、住民との会話もできるという

RPG仕様にした強み
ですよねぇ

対戦ゲームだと
戦いの合間の話なんて、ほとんど描かれないしさ

まぁ現状はずっと
グレートサイヤマン
パトロール活動中なんだけど^^;


それと
今後の展開の伏線でもあるけど

ベジータが
すっかり近所のお父さん
って感じになってて
世間話ができるくらい馴染んでるのが、なんか微笑ましいですね(。-_-。)


クリリンと18号も
普通に夫婦しちゃってるし

というか、サブイベントで
18号さんのツンデレ振りも見れて2828(*ノ∪`*)

まぁ付き合うまでならともかく
結婚した後でも、素直に心配してくれないってのは
ちょっとアレな気もするけど^^;

テーマ : ドラゴンボールZ
ジャンル : ゲーム

ドラゴンボールZ KAKAROT プレイ中 その7 人造人間編完結


絶賛攻略中の

PS4「ドラゴンボールZ KAKAROT

現在は、セル撃破→ブウ編までのインターバル突入、まで


ということで
人造人間(セル)編が完結しました


いやぁやはり
シナリオの最終決戦においては
ムービー演出が激熱

特に、スーパーサイヤ人2になった悟飯が
無言でセルジュニアを粉砕していくシーンは鳥肌ものでしたねぇ


DBZ通して
少年期・悟飯のスーパーサイヤ人2が一番好きという人も多いだろうし

これには惚れますわ


ただ、サイヤ人特有
強すぎる力を得た「傲慢さ」が原因で、セルの自爆を許したっていう
悟飯が失態を見せる流れはなくなってましたね

「早く倒せ悟飯!!」 → 「それじゃつまんないよ、こいつはもっと痛めつけてやらなきゃ」 

ってやつ

それに関連して
自爆したセルが復活した時にした
悟飯のリアクション


嬉しいんだ、自分の思い上がりで死んだ
父さんの敵討ちをする機会ができて


貴様は是非、この手で殺したかったと思っていた

っていう台詞もなくなってて
そこは少し寂しかった


やっぱアレですかね?
正義の心を持った少年が、殺したいなんて言うんじゃありません!っていう
なにか配慮しちゃったのかなぁ?

まぁそれ以外の面では
文句なしに最高の演出だったし

エピローグムービーではしっかり
クリリンと18号のフラグ立て(爆弾解除&バーカ、17号は双子の兄弟だ)のシーンもあり
大変満足でございました(*゚ェ゚*)

そして
一旦インターバル挟むけど
次回から、いよいよ最終章のブウ編かー

盛り上がり所満載だから、期待するしかにゃあぜ


あ、そういえば
石塚運昇さんが亡くなられて
ミスター・サタンの収録はどうなったのかと思っていたけど

ナルトのガイ先生で有名な
江原正士さんが、3代目サタンに起用されてましたね

濃いオッサン役という意味では
亡くなられた2人同様、ハマリ役かもしれない


あと触れてなかったけど
亡き、鶴ひろみさんに代わって
こっちも久川綾さんが、2代目ブルマを担当しておりましたが

これの違和感なさは素晴らしいです

パニックになった時の声の抑揚とかが
あ、この感じ完全にブルマや!」って風に聞こえて
すんなり受け入れられちゃいました

やっぱプロの拘りは凄いっすね

テーマ : ドラゴンボールZ
ジャンル : ゲーム

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード