FC2ブログ

ナルティメットストーム4 クリア その4 ナルト物語完結


絶賛攻略中だった

PS4「ナルティメットストーム4

本編クリアしました
大体記事にして「その4」で終わるな(笑

いやーしかし

さすがPS4というか
今作は演出の光る作品でしたねぇ

最終決戦となる

ナルト VS サスケ

は、色んな表現法を取り込んだ、迫力と感動の内容でした

正直、原作では
後半からあまり設定を理解してなかったけど
今作でゲームとして楽しみつつストーリーを追ってきたおかげで
終盤のとんでも展開も、そこまで置いてけぼりされてる感は感じなかったかな?


まぁ惜しむらくは
最後の螺旋丸と千鳥の激突によって吹き飛ぶ、双方の片腕
CEROの都合で、欠損ではなく、黒塗り規制で処理されていたことですね(血の色もかな

だもんで
ラストに2人が印を結んで並び立ってる場面では
腕の形がシルエット状に残ってて、まるで黒焦げになってるみたいな表現に^^;

腕がない風に見せるってだけでもアウトなんすかねぇ

同じCERO:「B」でも
もっとエグイ表現してるゲームはあると思うんだけど


あとEDロールで
シリーズ1~4までの振り返り映像が流れてたんだが

今作4の振り返り映像の中に
サスケ&イタチ(穢土転生)の共闘シーン+成仏シーンがあって
それはCGムービーになってた
んですけど、どゆこと?

ストーリー攻略内では
アニメの静止画だったんですけど…


どっか別の場所で見られるのか
それとも、EDロールだけの特別仕様だったのか

ムービーとしてあるなら
本編で使っておくれよ…

------------------------------------------------------------------
※追記

自分が前作3を、PS3版でやっていたことが災いしたというか
どうやら3のDLCとして、イタチとサスケの再会+ガブト戦の追加シナリオがあったんですね

そりゃ4でダイジェストにされるわけだわ

恐らくPS4の「トリロジー」には、DLC同封済みなんだろうけどさ
いやー、こういう落とし穴があろうとは・・・
-------------------------------------------------------------------



それと、フリー対戦モードに
ナルトとヒナタが結婚するまでの馴れ初めと騒動を描いた
映画「THE LAST」のキャラ(やや成長したナルトとか)がいるんだけど

それは
ストーリーとしては実装されてないのかな?
外伝シナリオっぽいのがあると嬉しかったんですがね…

これから進めていく
アドベンチャーモード(世界の探索+クエスト攻略の旅)」
に、なんかないかなー

一応、本編の後日談って扱いだし
冒頭に触れた感じ、ヒナタの恋愛を後押しするような流れになってるし

結婚に繋がるエピソードがあることに期待したい

まぁとりあえず
ナルト物語(ナルティメットシリーズ)のシナリオ追体験ツアーは
これにて終了

ボルトのDLCとかもあるけど
その辺はあまり手を出す予定はなし

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

ナルティメットストーム4 プレイ中 その3 QTEを楽にする


絶賛攻略中の

PS4「ナルティメットストーム4

現在は、マダラが柱間と尾獣の力を得て
六道仙人となった所


ということで
いよいよマダラとの最終決戦の始まり

オビトの改心と、カカシとの共闘タッグ

己の命を燃やし尽くす、ガイの最終奥義:紅の野獣モードの発動

と、見所が満載のターンですよぉヽ(≧∀≦)ノ


というか
ストーリーが佳境に入り出して
アニメのスライドショーより、CGムービーの比率が上がってきましたね

まぁ会話より戦ってるシーンが多くなってきたんで
より動きで魅せるCG演出にシフトしてるって感じなのかな?

今現在は、それほどの不満もなくなってきましたぞ


あと話は変わって
2を攻略してた時の記事で

QTEの入力猶予が短くて難しくねぇか?

というようなことを言ってたんですが
どうやら、これを解決する秘策がありました

それは…

全ボタンのガチャ押しです!!!(ぇ

ゲームによっては
押すボタンを間違えた時点でQTEが失敗、という
速さに加えて、慎重さも求められるものがありますが

今作の条件はあくまで

時間内に早くコマンドを入力する

で、あるため
入力の打ちミスは気にせず
とにかく指定のボタンさえ押せれば問題ない
わけです

なので
画面に指定コマンドが表示される前から
全部のボタンと方向キーをガチャガチャ押していれば


総当たりする形で「超最速の先読み入力」になってくれる、と(笑

まぁ入力内容によっては
しっかり確認する必要もあるけど

攻撃を回避するアクションなどで
最速のワンボタン入力を求められるようなパターンでは
これが非常に重宝します

これでシークレットファクターは楽々開放やで


テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

ナルティメットストーム4 プレイ中 その2 ネジ兄さん逝く


絶賛攻略中の

PS4「ナルティメットストーム4

現在は、マダラとオビトの手により「十尾」がその姿を現し
無常なる一撃が友の命を……
という所


そんなわけで

ネジ兄さん…逝ってしまわれました( ノД`)

ここに到達するのって
こんな早かったか

気持ち
もっとクライマックスかと持ってた
まぁ4自体が、ずっとクライマックスなんですが


てか正直ネジは
前作3でほとんど見せ場がなく


4に関しても
ここまで特に戦闘も会話もないまま
生贄になるため、急遽召喚されたみたいになってて

別の意味で悲しくなってきたかも…(´・ω・`)

もっとこれ以前に
奮闘してる一幕があればなぁ

自分の記憶が確かなら
原作では日向一族が総出で「回天」を使って
十尾が放つ大木の雨をガードするシーンとかもあった気がする


少なくともゲームにはなかった


てかネジ自身
少年期の活躍は印象に残ってるんだけど
青年期はあんま印象が…(ぉ

やっぱ、乗り越えるべき壁となる存在がいるかどうかで出番も変わるからなぁ
猪鹿蝶にとってのアスマ先生とか

というか

飛段にやられたアスマ先生の敵討ちをする展開

穢土転生で敵となって蘇ったアスマ先生を乗り越える展開とか

シカマル達が特別優遇されてる気もする(笑



いやー、にしても
やっぱCG映像はいいですねぇ…

4になって
ムービーの質がグレードアップして原作再現度がグッと上がってますわい
表情の変化や目の動きとかがとにかく細かい!

戦闘中の奥義やQTEムービーもそうだけど
目を奪われるダイナミックさです


前回記事で言ったように
アニメ画像の流用がストーリーの多くを占めてるってのは
如何ともし難いけど


台詞や情報量が多いから
こういう演出にしないと纏めきれなかった
、と
そう理解することにした


まぁその分だけ
CGムービーシーンに切り替わった時に期待値感が増すんで
これはこれで良しということで
(ネジのとこはCGムービーだった)


テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

ナルティメットストーム4 プレイ中 その1 不満がちらほら


絶賛攻略開始の

PS4「ナルティメットストーム4

ついに始まった最終章

PS4になり
グラフィックやエフェクトは
大進化を遂げており

さすがの迫力ではありました…


…が

始まって早々
気になる点がいくつか…


まず4になってから
ストーリー進行が「チャプター選択式の映像鑑賞スタイル」になり
移動パートが廃止されたっぽいっすね(※クリア後向けの「アドヴェンチャーモード」はある

まぁ原作との兼ね合いからか
前作3は、マダラやトビを退けた後
里に戻って一時休息みたいなオチだった
けど

実際には、ラストまでずっと戦いが継続してて
里に帰ってのんびり過ごす、みたいなことはしてなかったと思う
ので(細かく覚えてないけど

そこからすれば
移動パートを削ったのも已む無しかな

決戦の場から、あっちこっち移動することもほとんどないんで



そして、もうひとつ気になるというか
一番ショックだった点

ストーリーが
アニメ画像を使ったダイジェスト映像
になってることですね

折角グラフィックが良くなったのに
アニメ放送の切り抜きを延々と見せられてもさ…

シークレットファクター」のような
ボーナス演出的なカットインなら構わないんだけど

今後のイベントシーンも
大半がこれだったとしたらちょっと…

…っていうか

サスケとイタチ(穢土転生)の再会と和解
そして、カブト VS うちは兄弟タッグ & イタチの成仏シーン
ダイジェストでサラッと流すなよな…

サスケにとって
一つの大きな転換点なんだから
そこはしっかりイベント化しようよぉおお

3で1度やったイベントだから
4では軽くおさらい程度に、ってことなら分かるけど

これ初出のシーンですからね!(#怒

なんと勿体ない扱いを…



ということで

期待を胸にいざ4をプレイしたものの
序盤時点では不満の割合が多め

紙芝居率が減るなりして
ここから盛り返して行けると良いんだけどなー


テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

ナルティメットストーム3 クリア その4 連戦辛かった



絶賛攻略中だった

PS3「ナルティメットストーム3

クリアしました


いやー、ムービーや戦いが多かったからか
2と比べて、かなりボリューミーだった気がしますね

特に終盤の忍界大戦は
とにかく怒涛の戦闘ラッシュで
割と疲れた^^;

まだ1戦区切りの単発バトルなら
もし負けても、すぐリベンジできるからいいんだけど

最後の方になると
3、4人抜きの連戦とか
長期にわたる戦いが何度も出てくるしさ

とにかく
一番苦戦したのは

ナルト VS 尾獣6体(&トビ

という、大規模連戦ですね

尾獣6体を
2体ずつに分けて、計3ラウンド戦い
合間にトビ戦を挟む構成


これがまず
連戦途中でやられると
また1戦目からやり直し
っていう鬼畜仕様でさ

普段の連続するボスバトルと違って
中継のリトライポイントがねぇんだこれが

その上「忍具」が使えないから
体力回復もできないし

おまけに
戦闘の随所で、スキップできない回想シーンを挟むから
再戦する時には非常にテンポが悪い


あと、尾獣が凄い巨大なんで画面の占有率が高く
2体が同時に迫って来られると、もはや何が起きてるのか分からない(笑

隅っこでひたすらボコられたりね…

そして極めつけは
尾獣戦の最後に出てくるムシキング(七尾)ですね(ぇ

他の尾獣は
通常攻撃の連発や手裏剣ラッシュで封殺できないこともないから
比較的楽だったんだけど

そいつに関しては
常に上空を飛んでいるため、攻撃がなかなか当てられない

しかも相手は
近づこうとすると逃げて距離を置こうとするので
ますます攻撃が当たらない(怒

で、逃げる敵を追い回してる内に
相手からの遠距離攻撃や反撃を食らい続け


気付けば瀕死っていう

負けたら振り出しという状況下でのこれには
とにかくイライラさせられたぜ

尾獣戦の後に更にトビが出てくるけど
その時自分、ムシキングにボコられて「体力ゲージ残り数センチ」ってとこだったから

もうやり直すの嫌だ!!死にたくねぇえよぉお!

って、超必至だったわ( ̄д ̄;)

まぁさすがに
そこで戦うトビはステータスが弱く設定されてて
攻撃が消極的だけど

それでも、2,3発食らえば死ぬ体力だったからな^^;

長く辛い戦いであった…


まぁとりあえず
これにて3の本編は終了

例によってサブ要素があるようなんで
それをこなしつつ

ついにナルトが主役の最終章
PS4の「ナルティメットストーム4」に突入します!

2と3をPS3版でやってたから
どのくらい4で進化したのか楽しみやで

3ではヒナタやネジの影が薄く
ほぼ出番が無くて寂しかったけど(戦闘で使う機会もなかった…
4では、あの決死の見せ場があるからな…

さてさて

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード