FC2ブログ

盾の勇者の成り上がり 第25話「盾の勇者の成り上がり」(完)


最終回
俺たちの戦いはこれからだ!





別世界勇者・ラルク一行との闘い

どうやら
従者だと思ってたグラスさんも
別の異世界からきた(扇の)勇者らしいですね

テリスさんはどうなんだろ?

しかしそうなると
いよいよもって、元康たちの勇者としての質の低さが…(ぇ


ともあれ
ぶつかり合う2つの勇者でしたが

波の時間が終わり、ラルクたちは自分の世界に帰還
勝負は引き分けという結果に


一方
この騒動の陰でひっそりと活躍していた
樹の仲間の1人だった、泣き虫の娘リーシア

その功績を仲間内から妬まれ
メンバーから除隊させられることに…


なんと勿体ないことを…


で、その結果
新たな戦力を欲していた尚文がこれをスカウトし
新メンバーとして加入させたのでした


…って、をおおおおおおおい

また女性メンバー追加しやがったぁああ
さらにハーレム要員が増えたぁあああ(´Д`*)

なんというパラダイス

そして、どうやら尚文も
この異世界で生きていく決意をしたようで(?)

そもそも
異世界に召喚されてきたのは
強制だったけど

帰還するかどうかは
自分の意志で決めることができるのかな?


お役目御免で
勝手に帰されたりしない?


ということで
一応、ストーリーとしては
ここでひと区切りで終了


結局、勇者同士の殺し合いが、なんで世界存続の鍵になるのかっていう
その仕組みについてはよく分からんかったなー

事情を知るラルクたちだけで
勝手に悲壮感を演出しちゃってる感じになってて

こっちとしては
で、なんでそこまでしないとダメなの?
っていう、モヤっとした気持ちのまま終わってしまったんで

何かしら説明が欲しかったわ

2期があるといいんだけど
奇麗に終わらせちゃった感もあって、望みは薄い…?

底辺から成り上がり
ハーレムを築いていく過程とか
かなり安定した面白さをキープしてた作品だから
是非とも続きが見たいのだがなぁ

リーシアも追加されて、掘り下げが気になるとこなのに


ともあれスタッフの皆さんお疲れさまでした

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

盾の勇者の成り上がり 第24話「異世界の守護者」



カルミラ島にも災厄の波があり
発動期限が目前に迫ってることが発覚し
これを打開すべく、女王軍と共に防衛策に打って出る尚文たち

つーか、水着タイム終わってたわ…orz

前回の数秒だけで終わりだなんて、あんまりだー



ともあれ
早速、災厄の波が訪れ
これの対処を行う四聖勇者たち

てか海(船?)が苦手なのか
普段クールな錬のヘッポコぶりが際立つなー^^;

必死にマストにしがみ付いてる姿が何とも


というか
事ここに至っても
3勇者の実力は、ラフタリア達にすら及ばない始末

もう2クールも終わろうというのに
その他大勢に負けてる勇者ってどうなんだ…


そして
当然のようにクソ強い
新キャラのラルクたちではありましたが

しかし、どうやら彼らは
別の異世界からきた勇者」らしく
自分たちの世界存続のために、尚文(盾の勇者)の脱落を望んでる模様

どういうことでしょうかね?

鬱作品として有名な
ぼくらの」的な設定でもあるのか?

勝負に勝てなかった、どっちか一方の並行世界は滅ぶ的なそういうの

ただ尚文にターゲットを絞る理由が謎なんだけど…

他の勇者は
無視してもいい実力だからっていう
舐めプ的な感じなのか?


しかもさらに
あの謎の女性・グラスも
ラルクたちの仲間の1人
だったようで

えらい精鋭揃い…

…というか

向こうも構成としては
勇者ラルク1人」+「従者2人」なのかな?

こっちの
勇者尚文1人」+「従者ラフタリア&フィーロの2人

と、対になる感じでさ


そうなってくると
序盤で奴隷商人が言ってた
尚文はラフタリアを選ぶ(買う)と思ってた
っていう、あの意味深な反応にも意味が出てくる…?

四勇者 VS 四勇者

ではない意味はあるのか?


テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

盾の勇者の成り上がり 第23話「カルミラ島」



戦力強化のため
新たな大陸カルミラ島へ向かう道中
尚文は、ラルクテリスという2人の冒険者と知り合いに

なにやら別地方の人間だからなのか
盾の勇者に対する認知が悪い風に伝わってるようですね

ただ目の前の尚文が当の勇者だとは思っておらず
「尚文」という偽名を使ってると、都合よく誤解してるけど^^;


そして後半
まさかの海水浴=水着回きたーー!(〃▽〃)

…と、思ったら

ものの数秒で水着公開が終わった…orz

もっとフィーロとか
じっくり見たかったのに

キグルミ着るわ、デブチョコボになるわで…

次回も、水着回は続投だよね?(ぉ


いやーしかし
もう2クール目も終わろうかというのに
修行編に突入というか、妙に緩い感じの展開なんだけど
アニメはどこで終わるんだろ?

残り2、3話?で残った問題が片付くんかいの

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

盾の勇者の成り上がり 第22話「勇者会議」



教皇を退け
尚文の冤罪も晴れることになり
万事が丸く収まった…

…と、思いきや

やはり
これまで積み重ねた悔恨が、そう簡単に払拭されることはなく
未だわだかまりは抜けきらず


盾の一行を見下し侮辱するものもいれば

四聖勇者の関係も
ギクシャクした険悪ムード


散々痛い目を見たはずのマインも
懲りずに報復を狙って、相変わらずの悪巧み…
^^;

つーか、尚文の宣言で
マインの呼称が、本当に「ビッチ(アバズレ)」になってて吹いた(笑


ともあれ
このままの冷え切った関係では
次の災厄の波は、とても超えられないと女王も危惧し

勇者4人を集めた
会談の場を設けることになる…


寧ろ、言い争いの場にしかならず、最悪の結果で終了┐(´-`)┌

まぁ初期のように
尚文1人を責めるような展開じゃないだけ
微笑ましいものだったけども


テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

盾の勇者の成り上がり 第21話「尚文の凱旋」



尚文への冤罪を公の下で晴らし
王とマインを断罪すると、決意を語る王女様

ということで
王とマインの罪を明らかにする
裁判がスタートしたんだが

その際マインが
嘘をつくと電気ショックを受ける刻印」を胸に刻まれてて
まぁ見事なエロ拷問でしたねぇ(*´Д`)

つーか
それが分かってても
虚言を辞められないのな^^;

そして判決の結果
死刑を宣告した王女でしたが

しかし、尚文も死での決着は後味が悪いと感じたのか

マインと王の呼び名を
それぞれ「ビッチ(アバズレ)」と「クズ」に変更する
という恥辱を条件に、生かすことを選んだのでした^^;


というか
王女自身も2人を処刑で殺すのでなく
自分の命と引き換えに「除名処分」に留めてもらう気だったようで

結果として
王女の命も救うことになっていた、と
そういうことのようですね



ともあれ
濡れ衣は払拭され信頼と名声も得て
事実上「盾の勇者の成り上がり」は見事に成功し

このまま、めでたしめでたしで終わっても不思議じゃない空気


でもまだ
災厄の波に加えて
最強の敵グラスの存在があるし

それと
現実世界」へ戻ることを目標とする尚文
そんな尚文を慕う「異世界」の仲間であるラフタリア達との決別フラグ

と、未解決な問題もあり

それが残り数話で
回収されるのかっていうね


テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード