FC2ブログ

ハイスコアガール 第11話「 ROUND 11」



偶然にも
大野さんと小春のWヒロインが
ゲームセンターで鉢合わせ


2人の気持ちを知る宮尾くんが間を取り持ってたが
思った通りなかなか辛いポジションですね^^;


そして小春は、ここぞとばかりに
タッグゲームをしながら、大野さんと春雄の関係についてクローズアップ

これに対し
大野さんはセリフ対応がない代わりに
春雄に関する質問されるたびプレイミスをするっていう(笑


…が、しかし

今の大野さんの現状としては
そもそも春雄と学校が違うどころか
教育係の方針で、ゲームセンター通いも恋愛相手すらも制限されつつあり
会うことすら厳しい状態…

そんな現実に、1人伏せって涙する大野さんが…(´;ω;`)


そして一方の春雄は
相変わらずリベンジ目指して特訓中

で、その時ついに…

自分の青春時代を飾った
ネオジオCD」の登場きたーーーーー!v(o゚∀゚o)v
超絶長いロード時間もネタにされたーーーーーーーーーー!(笑

真サム持ってたから、あのロード画面も懐かしいなぁ

つーか
改めてみると、途方もない長さだよな(´∀`;)

しかも「ゲーム起動キャラ選択画面キャラ名コール画面バトル開始前の演出バトル開始

と、小分けにロード挟んできやがってもうね…

当時でも辛かったのに
今じゃとても耐えられませんな(移植されてやる意味もないが


ともあれ
ゲームの実力を取り戻し、大野さんとの鉢合わせにも
期待し始めていた春雄でしたが

そんな折、執事の爺さんから
大野さんが躾の厳しさから家出したとの知らせを聞き

春雄は2人で遠出したときに立ち寄ったゲームセンターで彼女を見つけ
高校に入学して以降初となる対面を果たしたのでした、と

さてさて
家庭の事情に苦しむ大野さんは
今後、春雄とどう接していくことになるのでしょうか?




てか余談なんだけど
最近たまたま「トラウマ映画ランキング」って記事を見てて
どんな内容のもんなんだろと興味方位で一通りのタイトルをググってたら

その中のひとつに
ミスミソウ」っていう作品があって
まぁ原作漫画が凄いグロ鬱な内容だったんだが

しかし、なにやら絵柄がどっかで見たような…

と、思って作者検索したら
やっぱりこのハイスコアガール描いてる人と同じだと知って
驚愕してしまった(笑

作品のノリが全然違うからさー

まぁ殴り合いのシーンとか
バイオレンス感は、こっちにもやや受け継がれてるかもしれない(笑


テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

シュタインズ・ゲート ゼロ 第22話「投企のリナシメント」



前回、ついに鳳凰院凶真が復活し
完全勝利待ったなし!…かと思われたのですが

ここにきて再び
まさかの作戦失敗…

しかし真帆たちの叱咤もあり
倫太郎は、これに心折れず、自らを奮い立たせて再奮起

そんでまた鳳凰院凶真モードになってたけど

やっぱ真人間の時期が長かった影響か
どことなく無理してキャラを作ってる感があるような?
^^;

途中、少し恥らってたし(笑


ともあれ
なんとかタイムマシン争奪による
あの悲劇を回避できぬかと思案した結果

そもそもの情報源がアマデウスにあると考え
過去にメールを送り、なんとか相手国の手に渡る前にデータを保護しようと思い至ったものの

しかし
データとして残してる限り
いつまでも狙われることになる
、と

アマデウスは、データの消去(歴史からの消失)という選択を提示…

当然、いくらプログラム存在とはいえ
人格的に、ほぼほぼ紅莉栖そのものな訳で
倫太郎は躊躇するが

自分は、戦争が起きる要因として存在するのでなく
オリジナルの紅莉栖を救い、シュタインズ・ゲートへ導く存在でありたい


という、アマデウスの切なる願いを聞き

倫太郎はこれを受諾し
アマデウスのデータ消去とともに
再び過去へと遡るのであった
、と…

はー
倫太郎の記憶には残り続けるけど
やっぱ真帆たちの記憶からは消えちゃうんでしょうねぇ…

いくらオリジナルを生かした世界ができたとしても
これまで苦楽を共にしたアマデウスとの記憶がなくなるのは悲しいですな

仕方ないとはいえ
本物の紅莉栖は最初から死んでて
あまり活躍の場がないですし


ともあれ
さすがにここまでやって
また絶望展開ということはない…と思いたいが

果たして成功するのでしょうか


テーマ : Steins;Gate/シュタインズゲート
ジャンル : アニメ・コミック

ハイスコアガール 第10話「 ROUND 10」



前回、大野さんと同じ高校に受験するも不合格となり
そこから結局、第2志望の(宮尾くんと同じ)高校に通っていた春雄

大野さんは元より、小春とも別の学校になったんですねぇ

つーか、小春ちゃん
髪はロングにイメチェン
大野さんを意識…?


ともあれ
受験の日々から解放され
再びゲーム三昧の日々を送っていた春雄

なにやらこの時代では
サターン派プレステ派みたいな派閥があったようで
どうも春雄はサターン派だったらしいが

しかし前にも言ったけど
そんな時代に自分は「ネオジオCD」を買ってたんだよな…^^;

あまりにマイナー路線だったから、店にあまりソフトが置いてなくて
新作を買いたいときは、事前予約・注文取り寄せが必須だったわ┐(´-`)┌


ともあれ
高校は別々になりながらも
突然のように小春が春雄宅に訪れ

最近春雄がゲームセンターに来てないことを不思議に思い、外出へとお誘い

どうも春雄は
大野さんと同じ高校に合格できなかったことに後ろめたさがあり
ゲームセンターで鉢合わせることを恐れて、しばらく通うことを避けてたようですね

そのため
アーケード対戦から離れていたブランクと、小春の隠された才能(?)によって
春雄は小春に手も足も出ず、まさかの惨敗Σ(゚д゚|||)

そこで春雄は、この敗北の悔しさを闘志へと変え
かつての実力を取り戻すべく、いざ小春との対戦特訓を行う

そこでもまた小春の実力を見せつけられ
泣かされる結果に…
^^;


まぁ小春が大幅パワーアップした要因は
春雄をゲームで負かして、自分に執着意識を向かせたいという
その乙女心から来るものだが

いやーそれにしても
恐ろしい成長ぶりですね(;゜0゜)

気付けば春雄が
主要3人のうちで、最弱となってしまったとは…
なんという面汚しよ(ぇ

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

シュタインズ・ゲート ゼロ 第21話「結像のリナシメント」


絶望からの希望!!…からの~?



前回、意思に反して
未来へ飛んでしまった倫太郎ですが

当然、目的は未来ではないので
今度こそ過去に飛ぶため、25年という途方もない時間を
2週間刻み(3000回)のタイムリープで地道に遡ることに…

未来には一気に飛ばされただけにギャップが凄いですな^^;

ともあれ倫太郎は
アマデウスやラボメンと協力し
監禁・拷問で殺されるはずの因果すら越え

あの鳳凰院 凶真となって、ついに2011年の世界へ再び降臨!

事情を知るダルの歓喜ぶり
初見でドン引きな真帆との温度差が(笑

ということで
すっかり自信を取り戻した倫太郎は
これまでの体験で得た知識を使い、アレクシス教授を出し抜き、まゆりを救出

そして今度こそはと
まゆりと鈴羽のタイムワープを見送り
よっしゃ!俺たちの完全勝利だぁああああああああああああ!!!!

…と、テンションMAXにさせたのも束の間

すべてを知ってたかのようなタイミングで突如ヘリが出現し
ミサイル爆撃で、またまたタイムマシンは撃沈…
(´・ω・`)

うおおお…
凶真さん復活劇でめちゃ盛り上げさせておいて
ここでまだ落とすかー…

どんだけ容赦ないんだよ(´д⊂)

うーん、どういうカラクリなんでしょうね?
先読みされる要因がなんかあるのか?

かがり以外にも、スパイ的なポジションの何かが身内にいる?

それとも、倫太郎の脳内に
GPS的なものが埋め込められてたり…?((´・ω・`;))

テーマ : Steins;Gate/シュタインズゲート
ジャンル : アニメ・コミック

ペルソナ3FES 今更プレイしてます その1 「特別な関係」の違い 


絶賛攻略中の

ペルソナ3FES

現在は7月まで進行しました

以前言ったように
プレイ動画や映画を見て
大まかな流れは知ってるものの

やはり自分の手でプレイすると、また楽しさが違いますね

他人のプレイだと
所々編集を入れてカットされてたり

一部イベント(コミュ系)が未制覇で結末を見れなかったり

動画であるが故に
メインストーリーだけ視聴しようと思って
ついつい日常パートの部分をすっ飛ばして見てしまったり
、と
イベントを網羅してる感覚が薄くなっちゃうんだけど

自分でやるとなれば
全てのイベントをノーカットで見ていくことになるから
割と初見のような新鮮さがあります


で、そこから気付いたことだけど

これまでやった
P4やP5における女性コミュランクの発展型「特別な関係というのは
恋人にするか否かで決まるものでしたが

P3のはちょっと違うんですね

特別な関係にはなるんだけど
それは正式に付き合ってるっていう感じの内容じゃなく
あくまで惚れられている段階であって「恋人にしてはいない」っていう感じ?

相手さんのほうが、勝手にその気になってるだけというか(酷
まぁ「恋人」or「友人」の選択肢すらないですからね

P3のオチを考えれば
そのくらいの付き合いでいいのかもしれないが…


そのくせ
特定のキャラと特別な関係になってると
他の女性コミュを進めたり、長らく放置することにより
嫉妬で「リバース(コミュ進行停止)」が起きたり

何のデメリットも考えず、二股三股できてたP4・P5に比べると、やや面倒な仕様

ただ常識的に考えれば、そうなるのが当然でもあるので
リアリティはあると言える(笑

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード