fc2ブログ

青の祓魔師 島根啓明結社篇 第9話「助けて」



九尾移植のために連行される出雲を見つけ
助けに向かった燐でしたが

自分に関わって、身を滅ぼした人たちのことが脳裏に浮かび
素直にその手を取ることが出来ない出雲…

そして出雲が選んだのは
あえて自分に九尾を憑依させ
その力を上手く制御してみせることで場の主導権を握る
こと

…が、しかし

事前の調査で判明していた通り、適合率がなくなっていた出雲は
九尾浸食による拒絶反応を受け、母・玉雲と同じく体に深刻なダメージが…

そして、そんな死の淵に立って
出雲はようやく、家族や仲間たちが「本当は好きだった」という本音の気持ちや
誰かに助けてもらいたい」という素直な願いを吐露し

それを聞きつけたように
この窮地へと颯爽と現れる燐


いやー、主人公してますなぁ(* ´ ▽ ` *)

外道院にかました怒りのグーパン
今までのうっ憤を晴らす最高の一撃でしたな

外道院のぶっ飛び回転ぶりは見事でした(笑


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

FF7リバース プレイ中 その1 世界だー!



絶賛攻略中の

PS5「ファイナルファンタジー7 リバース

現在は、チョコボをゲットしたところ


ということで
早速、リメイクで進化した広大なマップへと飛び出しました

いやー
前作は一つの都市内が舞台ということもあって
やや閉鎖的なエリアだったんですが

そこから一気に
世界へ飛び出したって感じで
冒険の旅っていう感覚が溢れ出してますなぁ+゚。*(*´∀`*)*。゚+

マップ探索が捗りそうやでぇ

それに
原作に登場してきたネームドキャラたちが
それぞれリアルなグラフィックになって出てきたりして

グリン牧場のクリンちゃんとか
軽くヒロインクラスの可愛さで感動した(ぇ



しかしなんつーか
今作は、できるアクションが多くて
ボタン把握するのが大変やなぁ

全てのボタンに何かしらコマンドが設定されてるんだが
どのボタンで何ができるんだったかなー、と咄嗟に思い至らなくてさ

〇ボタンが回避ってのも

×ボタンがコマンド表示ってのも
未だにピンと来てない…

なんとなく
PS5のゲームとなると
×ボタンは会話とか、調べるボタンって印象が着いちゃって

道中に落ちてるアイテムを拾おうと
×を連打してしまい、コマンド→魔法→「ケアル」と無意味に使ってしまったりな(笑

ちょっと慣れが必要ですねぇ



余談

てか自分、前作で
チャドリー関連のやり込み(レポート)を制覇してなくて
チャドリーが、ただのデータ収集してる少年って認識で終わってたんだがよ

今作で再登場して
知ってるでしょ。僕は宝条の作ったサイボーグなんですからー
みたいに衝撃事実を、さも当然のようにカミングアウトされて驚きだったんだが(笑

いや、それ初耳なんだが…っていう^^;

やり込み制覇した人には
周知の事実なんだろうけども


テーマ : FINAL FANTASY シリーズ
ジャンル : ゲーム

待望の第2部開幕!!「FF7リバース」購入したぞ




ということで
リメイクFF7シリーズの第2作

PS5「ファイナルファンタジー7 リバース

購入しました




全3部作からなる
FF7のリメイクシリーズ
その第2章がついに発売

1作目が一つの都市である
ミッドガルを中心とした物語となってましたが

今作では
そこから一気に外の世界へと飛び出し
原作ディスク1の完結パートであり、最大の山場となるであろう
あの「忘らるる都」までを収録してる様子

当然ながら
前作のミッドガル編だけでも
相当なエリア拡張を果たしていたので

ワールドマップが解禁となった本作が
どんな規模の内容になっているのか楽しみですねぇ

特に最大アミューズメントパークのゴールドソーサー
現代のCGクオリティで実現するのは不可能じゃないか?と思えてたのに

それが「原作越え」する程に作り込まれてるらしいから
こりゃ期待するしかねぇですよ

発売前レビューでも
かなりの高評価を記録してたそうだし
ワクワクが止まりませんぜ


※余談

しかしまぁ
個人的な問題だけど

まだ「ペルソナ3R」やら「龍が如く8」やら「バットマン」やら
現在進行中のゲームが結構残ってるんだよな^^;

それらと並行してプレイすることになるから
攻略ペースは、じっくりまったりって感じになりそうやな


テーマ : FINAL FANTASY シリーズ
ジャンル : ゲーム

ペルソナ3リロード プレイ中 その4 ストレガ



絶賛攻略中の

PS5「ペルソナ3 リロード(以下 P3R

現在は、9月に入ったとこ


ということで
ストーリーが進み
敵側のチームである「ストレガ」が関与し始めたんですが

今作リロードから、彼らの新規イベント
ちょこちょこ増えておるようですな

現状だと
主人公タカヤの絡みが多く見られてますが

P4GやP5Rでもあったんですが
割とこういう、主人公とそのライバル(?)の対比というか

敵対しつつも互いに何か
近しいシンパシーを感じてる
、みたいな構図を用意してきますよね

仲間にならないとはいえ
タカヤと主人公の一時的な共闘シーンがあったり
ちょいと胸が熱くなっちまったぜ

敵対するもの同士が
共通の目的がある内だけ手を組む
って展開は
やっぱロマンっすなー

今後も、どのくらい追加イベントがあるのか楽しみやで


※余談

そういえば今作は
女性コミュに関して「恋人にするかどうか」の選択が増えたのね

PS2版の方では
指定段階までコミュレベルを上げると強制的に恋人認定されて
複数の女性コミュを進めると、自然と浮気状態を作ってしまうっていう仕様だったんだけど

今作では
目当ての子以外の告白を断り
一筋を貫くことも可能になった、と

ただ逆に言えば
強制で恋人関係になっちゃうんだから、〇股になっても仕方ないよなー^^」
と、正当化できてた部分が

この仕様変更によって
自分の手でそうなる道を選んだ
という形になり罪悪感を生み出すことに^^;

だが自分はPS2版の流れに則って
ここは全恋人化のハーレム(修羅場)を選択するぜ!!(ぉ



テーマ : ペルソナ3
ジャンル : ゲーム

SYNDUALITY Noir 第20話「Their narratives」



シエルの身体を経ることで
ノワールとミステルが分離し目覚めを果たし

それに呼応するように現れた
ミステルのマスターだったパステルの記録映像



どうやらその記録によれば
ノワールは、宇宙にある楽園の地「イストワール」から
突如ミステルの身体に送信されてきたデータ
らしい

ただそれによって
ミステルは過負荷を起こし
動作に不具合を生じさせてしまい

この事実をミステルにどう伝えたものか迷ったパステルは
ミステルの異常修復中は、ノワールというセーフティモードで活動する
ということにしていた



しかしパステルらが
イストワールの地を目指そうかという折

ミステルの身体に備わるブラックボックスを狙い
零型メイガス狩りをしていた組織(イデアール?)に追われ

その逃走中
パステルは致命傷を負い
命を落としていた
ことが発覚する

そして
次なるマスター(カナタ)+ノワール&ミステルに
自分の夢を託す
と言い残し、映像は消えてしまうのでした…



一方
次第に明らかになってきた
トキオたちの過去

どうやら
マハトとトキオ(リヒト)は
同じ遺伝子から作られた兄弟のような関係
だった…?

それだけに
人類の救済を大義として掲げる
ヴァイスハイトの理想を共に追うことを目標にしてたようで

疑心からイデアールからの離反を選ぼうとするトキオのことを
当時は必死に止めようとしていた様子



ただ
イデアールに不信感を持っていたのは
マハトのメイガスであるシュネーも同じようで

元々はトキオの脱走に合わせて
マハトのことも同行させる算段だった
らしい

…が、しかし
マハトが選んだ道は…っていう

まぁ選んだというより
どうするべきなのか困惑してる間に追手が来て
タイムオーバーになってしまい


実質、諦めの境地っていうか
自分を無理やり納得させる形でイデアールの活動をやってる
…みたいな印象だけど



テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード