fc2ブログ

ゼノブレイド3 攻略中 その25 一気に難解に



絶賛攻略中の

switch「ゼノブレイド3

現在は、7話に突入


ということで
とりあえず、今やれそうなサブを終えた所で
久々にメインをガッツリ進行

例によって
6話の節目だったということで

ひとつの戦いに決着が付いたり
「あの」女王様と対面したり世界の事実を知ったり

また怒涛のクライマックスという感じでした

ただこの辺から
ある意味においてゼノらしい難解さというか

とんでもない超設定みたいなことになってきて
すぐには理解できそうにないですね^^;

ニュアンスとして、多分そういうことなんだろう、くらいには伝わってるけど

正しくは理解できてないだろうなーっていう




ってか
今回倒した因縁のメビウス
生身では「鉤爪」を使って戦う外道系のキャラだったんだが

ゼノブレ1のムムカをオマージュしたとこもあるのかな?

悲劇の引き金となった相手
割と終盤近くまで絡んでくるって扱いも似てるし

まぁ鉤爪キャラへの
風評被害みたいな感じだけど(笑


テーマ : ゼノシリーズ
ジャンル : ゲーム

黎の軌跡Ⅱ プレイ中 その2 ガチャ再び



絶賛攻略中の

PS4「英雄伝説 黎の軌跡Ⅱ ─CRIMSON SiN─

現在は、ちょいメイン進めて「お伽の庭城」に戻ったとこ


ということで
本編をちょいと進めたら

やり込み式サブダンジョン「お伽の庭城」の機能に
収集アイテム(コイン的なの)を使って「報酬をゲットする要素」が追加されました

で、その報酬の内容ってのがもう
完全に「創の軌跡」の「夢幻回廊」にあったガチャと同じでしてな

その景品の中には
様々なアイテムや装備品なども当然あるわけですが

例によって

前作で着ることのできたコス」やら「特定のイベントでのみ着ていた限定コス
さらには「前作のDLCコス」なども含まれてるようでして

自分が「創」で大興奮していた
あの大盤振る舞いシステムの復活ってことなのよ!(((o(*゚▽゚*)o)))


うひょー、こんなんまた
夢幻回廊と同じく「お伽の庭城」に入り浸ることになるやん!!!!

数日潜り続けて
一向に本編が進まなくなるパティーン再来

まぁ本編が進まないと
解放されないものもあるだろうけど

ともかくこりゃ楽しくなってきたぜぇ

テーマ : 軌跡シリーズ
ジャンル : ゲーム

エンドオブエタニティ クリアした その3 結局分からん



絶賛攻略中だった

Xbox360「エンドオブエタニティ

クリアしました


ということで

12年ぶりにプレイしたエンドオブエタニティ

ほとんど内容を覚えてなくて
初見のような感覚ではあったけども

ただ「理解できずに終わった」という印象はあったんですねぇ

しかし今の自分になら
もしかすると理解できるのかもしれない!


と、自分の理解力に対する可能性というものを信じて
いざクリアしたんですが

うん、良く分からん^^

いや、大まかな設定は見えなくもなかったんだけど

結末を見たうえで言うと
結局どういうことだってばよ!!
という感想に落ち着いちゃいました…


以下、理解できなかったポイント


前日譚で、ゼファーが大虐殺を起こした原因は?(経典+妹の接点って?

吸血少女レベッカは何者?元の尊大な人格はなぜ失われた?(ムービー以外で、ろくに出番なし)

サリヴァンも何者?

結局、人の命を管理するバーゼルやゼニスって何?

特定の人物が死ななかった「奇跡」の仕組みとは?

サリヴァンがレベッカに託した(砕かれた)クォーツは誰のもの?リーンベルのじゃない?

(↑そもそも誰かが犠牲になったような描写もない

人間が暮らせないという、バーゼルの外ってどういう状態なの?

(↑でもEDでは、主要の3人が外に出てる風だった


で、クリアして何が解決したの?どういう結論に至ったの?


とまぁ
挙げるときりがないですね

ちゃんと説明があればいいんですけど
単純に、そういうことをはっきりさせるようなイベントがなく
ムービーによって断片情報を見せられるだけですし

設定資料なり考察を見ないと
どうしようもない
って感じですな

そりゃ当時、理解できないと思うわけですわ


テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

黎の軌跡Ⅱ プレイ中 その1 そこに楽園はある



絶賛攻略中の

PS4「英雄伝説 黎の軌跡Ⅱ ─CRIMSON SiN─

現在は、プロローグを終え「お伽の庭城」に入ったとこ


ということで
ゲームの導入パートをちょこちょこ進めたって感じで
アニエス(新衣装)スウィンナーディアの加入まで進行させました


チュートリアルでは色々とあったけど
なんか今作は「キムタクが如く」かのように、尾行モードやら痕跡サーチやら

探偵らしい要素が色々増えてるっぽいですね

まぁ尾行系は
ターゲットのペースに合わせて、隠れながら動かないとダメっていう「焦れる」要素だから
正直あまり好ましい要素ではないんだがね

たまに発生する程度なら…って感じかな



で、まぁ当然の如く
聖域」のチェックは怠りなくしてみましたが

いやー、やっぱ軌跡シリーズは素晴らしいですねぇ…

そうした描写に及び腰なメーカーが増える中
いつまでも変わらない「見慣れた景色」がそこにある…

時には水色だったり、時にはピンクだったり
移り変わる色彩が見る者の心を温かくしてくれる

それだけで
こんなにも安心できるんだ

だってそこは僕たちが目指した楽園だから(何




にしても今作は
タイムリープものなのかな?

バッドエンドを迎えたタイミングで
また分岐点に時が遡るみたいなシステムがあった
けども

そうなると今後も
ガンガンBAD展開迎えちゃいそうだな^^;

てか、PVで見たヴァン達が刺されるシーン
中盤から終盤にかけて起きる衝撃のイベントかと思ったけど

こんな超序盤で起きる導入シチュだったのね


テーマ : 軌跡シリーズ
ジャンル : ゲーム

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第11話「過酷(エンドレス)」



規格外の強さを誇るジャガーノートに
手も足も出ず、蹂躙されてしまったベルくんですが

マフラー装備のおかげで
首への一撃が軽減されたことで、辛うじて死亡は回避

ジュラも愚痴ってたが、ホントにしぶといですね^^;

マフラーしゅごい…

さらに運よく水場に落ちたことで
ベストなタイミングでマリーに救われ、人魚の血によって傷を治癒

…って、切断されたベル君の腕が生えたぁあああああああああ!!Σ(ω |||)

吹っ飛んだ腕を見つけて引っ付けるとか
そんな治療になるのかと思ったら、まさかの腕そのものの再生!!??

無かったものを作り出すとか、どんな高性能な回復効果よ

っていうか
腕を再生って所は
人体の復元だからまぁ分かるとして

なぜ防具のグローブまで…


まぁそれはともかく
無事に体を回復させたベル君は戦線に復帰

そして、さも「死の淵から甦る度に戦闘力を上げるサイヤ人」が如く

前回一瞬で敗北したのがウソのように
ジャガーノートと互角の攻防を繰り広げるベル君

マジで恐ろしい子…


で、なんか勝負の途中
ジャガーノートが怯む隙を陰から狙っていたジュラが
チャンスとばかりに操り具を取り付け
最強の手駒を得たぞーーー!!」と嬉々としてたけど

見事に反逆を受け両断されてました^^

まぁそうなるよね

しかし、同タイミングで
操りの効果を受けていた大蛇ラムトンが
突如横から割って入り

ベルとリューをひと呑みにして
現レベルでは到達しえない、ダンジョンの深部まで持ち運んでしまった!?


何というか、災難続きだなぁ…


さらにその一方
厄災の予言が実現することを恐れ
対策として25階層で、PTの足を止めていたカサンドラ

しかし
ダンジョン内で起きる異変は留まらず
27階層で出現するはずのボスが25層に出現

予言の危機がまだ去っていない現実を、カサンドラは目の当たりにするのだった…

後編(厄災篇)につづく


テーマ : ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

イリーザ

Author:イリーザ
絵、アニメ、漫画、ゲームを好む
RPG大好き星人、戦闘力5.3

ここで使った絵なんかは
ピクシブにあったりなかったり

最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード